職場での様々な悩みを語り合いましょう!
誰でも自由に書き込みしてもらって構いません。
みんなで話し合うことで心が和らぐこともあるはずです。



【注意事項】
特定の個人、団体等を中傷、非難する発言や
道徳的に問題のある発言など管理者が不適当
であると判断した場合は、通告無しに削除す
る場合があります。ご了承下さい。


【免責事項】
当掲示板に記載されている情報については細
心の注意を払っていますが、その内容の正確
さについて保証するものではありません。
当掲示板の使用または閲覧によって生じたい
かなる損害も、一切の責任を負いかねますこ
とを予めご了承下さい。


労災申請しました

1:金太郎 :

2017/03/26 (Sun) 09:33:34

労災申請した人、これから労災申請しようと考えている方、労災申請のことについて語り合いましょう!
2:金太郎 :

2017/03/26 (Sun) 09:35:34

当ブログでは、労災申請を検討している方からのコメントが増えてきています。
周囲に経験者がいないので不安な気持ちになっている方が多いと思います。
不安な気持ちを解消するためにも語り合いましょう。
3:恵美子 :

2017/03/30 (Thu) 06:45:30

私は病院に勤務している看護師です。

経営者でもある院長にパワハラ、セクハラを受けていました。その結果、調子を崩し今は休職しています。
心療内科に通ったところ抑うつ状態とのことでした。

院長からのパワハラ、セクハラが原因なのですから労災だと思うのです。
労災申請をしようか、それともこんな病院さっさと辞めて、他の病院に勤めた方が良いのか悩んでいます。
辞めるとしたら泣き寝入りして辞めるようで腹が立つ気持ちもあります。


4:金太郎 :

2017/03/31 (Fri) 04:10:01

恵美子さんへ


パワハラ、セクハラが原因の抑うつ状態ですか…。

大変でしたね。


病院などの医療機関ではパワハラやモラハラが多いようですね。

医師や看護師など、頭の良い方たちですから相手を見下してしまう方が中にはいるようです。



労災申請に関してですが、申請するだけなら書類を労基署に提出すれば出来ますよ。

労基署に相談に行けば、書類ももらえます。


ただ、認定されるかどうかはわかりません。

精神障害の労災認定は厚生労働省が示した基準があります。

恵美子さんが受けてきたパワハラなどの出来事を基準に照らし合わせて検討してみてはいかがでしょうか?



ご存知かもしれませんが、一応、厚生労働省の「精神障害の労災認定」のアドレスを記載しておきます。



http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120427.pdf



労災認定されるには証拠となるものがある方が良いです。

パワハラがあったとしても証拠となるものがなければ、必ず相手側は否定してきます。

証拠となるものがなければ水掛け論になってしまうので労基署もパワハラがあったと事実認定することが難しいようです。


それに対して、長時間労働はタイムカードがあれば、証明することが出来るので事実認定されやすいようです。

どちらにしても事実として証明することが出来る証拠となるものがある方が絶対に良いです。


無理をなさらないよう体調に気を付けて行動して下さいね。


5: :

2017/04/26 (Wed) 19:10:59

金太郎さん、先日はレスありがとうございました。
わたしもこちらのスレッドが近いかな?と思いまして、こちらに書き込みさせていただきます。

そろそろかとは思っていましたが、会社側からの第二回反論が本日やってきました。案の定ですが、嘘ばかり書いてきています。

労災の認定が約半年後、と考えますと、9月頃になりますので、その結果を待ってからでもいいかな?と考えていたところですが、ひとまずこれから反論を、弁護士の先生にご相談いたします。

恵美子さんも、おそらくわたしと同じような状況かと思います。泣き寝入りするのだけは嫌だという気持ち、よくわかります。
お互い励まし合いながら、無理せず対応していければ心強く思います。
6:金太郎 :

2017/04/26 (Wed) 23:10:17

舞さんへ

書き込みありがとうございます。

会社から反論があったようですね。

ブラック企業は嘘ばかりだから腹が立ちますよね。

私が元勤務先から調停を申し込まれた際も元勤務先が作成した申立書には嘘ばかり書いてありました。舞さんの書き込みを読んで、その申立書を読んで頭が真っ白になったのを思い出しました。

元勤務先が作成した書類では、私は問題児で横領などをする悪人のように書いてありました。そのときは読んでいて気が遠くなりそうでした。

そんな嘘つきのブラック企業ですから、弁護士さんと連携してギャフンと言わしたいですよね。

舞さんのいう通り、この掲示板でみなさんが励まし合いながら戦うことが出来れば良いと思っています。
やはり、会社と戦うというのは孤独で不安だし精神的に辛いことが多々ありますからね。

会社と戦ったという方も少ないですから周囲に相談出来る人もなかなか居ないだろうし…。

そんな不安を抱えている方のための掲示板になれば良いと思っています。

色々と大変だとは思いますが、くれぐれも無理しないようにして下さいね。
7: :

2017/04/27 (Thu) 04:13:05

早速のレスありがとうございます。ご心配おかけします。 

わたしも、大嘘だらけというのは、金太郎さんのblog等も拝見していて、想定はしていましたので、まだそこまで精神的に乱れてはいません。

こちらは交渉を持ちかけられながらも、先方の問題児からは「わたしが仕事を終わらせていないのに、いつも定時で帰っていたから注意していただけ」や、「そのような事実はありません」ばかりでした。

むしろ、相手の問題児こそ、自分の仕事が終わらず、結果、責任者がわたしに予定通りに指示を振れないことも多々ありましたが、わたしはそれでも、一度も、もともとの〆切日や時間を落としたことはありません。
また、定時で帰ったことについては、逐一責められたことも一度もごさいません。そこが問題だとでもリアルタイムで思っていたとすれば、そのときに口を出さずにはいられない性格ですし。
何人も被害に遇い、ほかの社員からも相談があったこと等、すべて、都合の悪いことは、なかったことにされています。

まだ笑ってしまうくらい大嘘だらけですのでメンタル的には酷くはなっていませんが、訴訟の可能性も視野に入れていきたいと思っています。

金太郎さんは逆だったようですが、訴訟の場合、先に労災が認められているか否かでも、結果が変わるようですので。

先生とも相談して、もう少し様子を見てから動くか、考えたいと思います。
8: :

2017/04/27 (Thu) 11:24:35

金太郎さん

立て続けに申し訳ありません。
先ほど、弁護士の先生からもお電話があり、今後のことについて話をしたのですが、直後、労基からも電話がありました。
わたしは社労士の先生にお願いしている「別途申立書」を早めに提出し、5月中には、わたしの聞き取りを行いたいとのことでした。
社労士の先生にも、すぐに連絡をし、作成をお願いしました。

思ったよりも早く、聞き取りが行われそうで、報告に参上させていただきました。当日までには、金太郎さんのblogも参考にさせていただきたいと思っています。

また、半分ダメ元ではありますが、前任者のかたから、過去の被害者たちと集まろう。という話も元々ありましたので、できれば一度、直接お会いしてから事情を話し、協力を仰げそうなら仰ごうと思っています。
(無理はしなくていい。とのことでしたが、前にいらしたかたたちが辞められた理由も、すべて「自主退社」や「任期満了」と否定してきています。苛めがあったことは聞いています)

また、具体的に馬鹿な反論をされたほうが、先生としては、逆に反論がしやすく、戦いやすいとのことでした。
(たしかに、素人の私が見ても、突っ込みどころ満載な出来なのですが……)

両先生を信じ、また、金太郎さんや、金太郎さんのblogに訪れているかたたちのパワーを励みに、まずは第一段階へと踏み出したいと思います。
9:金太郎 :

2017/04/28 (Fri) 02:19:46

舞さんへ

少しずつ進展してるようですね。

問題児さんは、舞さんに嫉妬していたのかもしれませんね…。
仕事がきちんと出来て結果を出している人が上司から嫌がらせを受けるケースが多いようです。
仕事が出来るのが気に入らないという捻くれた方も世の中にはいるようです。
あと、自分の立場を守るために人の足を引っ張るような人も世の中には多いようです。

仕事の指導や注意に関しても気にすることはないと思います。
例えば、書面(業務改善指導書など)での注意があってそこに舞さんがサインしたなど指導された証拠が残っているようなケースであれば不利になります。
しかし、そんな証拠となるものもないのに後付けで言っているだけのようなので全く気にすることないです。
何を言われても言った言わないの水掛け論になるだけですから全く話になりません。

けど、後付けで問題があったように言われると腹が立ちますよね。
私も注意なんかされていないのに後付けで色々と言われましたが、かなり腹が立ちました。

書き込みを見ていて思ったのですが、私の元勤務先と舞さんの会社と似ているところが多いですね。


私の場合は「調停→退職→労災申請」という退職してからの労災申請というパターンでした。
本当は「労災申請→労災認定→訴訟」というパターンの方が良いようです。
労災認定されるということは国(労基署)がパワハラなどの原因が会社にあったと認めたことになるので訴訟の際に有利になるようです。
私も全てが済んでから「逆だったら良かったなぁ」と思いました。
舞さんの件がそのように進展していけば良いですね。


あと、労基署での聞き取りはかなりの長時間です。
職員の方がパソコンで入力しているのを待っている時間がかなり長いです。
かなりしんどいと思いますが頑張ってください。

弁護士さんが「バカな反論をされた方が戦いやすい」と言っていたとのことですが、私のときも弁護士さんが同じことを言ってました。
私の勤めていた会社からの反論がかなりめちゃくちゃで時系列も適当で突っ込みどころ満載でした。
私は10年以上前から日記を書くのを日課としていたので間違いを全て指摘することが出来ました。
間違いが多いと信憑性が無くなりますからね。

過去の被害者の方たちが協力してくれると良いですね。
皆さん会社に対してただならぬ思いがあると思いますのできちんと話をすれば理解してくれるのではないでしょうか。
協力してもらえるとかなり有利なようです。
私も退職した被害者と在職中の同僚の2名が協力してくれたのでかなり助かりました。
あとは舞さんが受けてきた嫌がらせ等が心理的負担が「強」と判定されるかどうかです。
労基署の判定がどうなるかが全くわからないので結果が出るまで不安になり精神的にしんどいです。


私のブログがお役に立てているのであれば、とてもうれしいです。
そう思って立ち上げたブログですから、励みになります。
ありがとうございます。

あと、いつも書き込みありがとうございます。
舞さんの書き込みもブログに訪れている方たちのパワーになると思っています。

世の中の理不尽な扱いを受けて悩んでいる労働者に少しでもお役に立つことがこのブログの役目だと思っています。

10: :

2017/04/29 (Sat) 05:41:12

ご返信、いつもご丁寧にありがとうございます。

諸々と金太郎さんのおっしゃる通りでして……
厳密には、相手はわたしより1年ほど早く入っている、ただのアルバイト契約でして、立場としては下に当たるんです。ただ、やはり先に入っているということで、対応が難しいところがありまして……しかし、これだけ何人も辞めさせるトラブルを起こしておいて、なぜ契約を満了しないのかは、甚だ疑問ではありますが。社員だと難しいですが、所詮はただのバイトですからね。

知り合いたちにも話をすると、どんなお局かと思われがちなのですが、年齢も、わたしより10歳も下なんです。
そして、「上司」ではないため、パワハラではなく「嫌がらせ・いじめ」となるようですね。

まるで学生気分のように、逐一誰かしらに、とんちんかんな文句を言ったり無視をしたりしないと気が済まない性格のようで、さらに、立場が上の人や男性社員の前ではコロッと声色と態度を変えるようなタイプなんです。
(と言っても、わたしから見たら、完全に演じきれていないので、男性社員がいても、やってしまうときもありましたが)

遥か遠くの席にいる男性社員複数からも、「どうせ彼女にやられてるんでしょ?」と即答されたこともありますから、問題があることは、ほかの皆さんも把握していなくはないんですよね。
そして、年下と言いましても、もう20代も後半ですので、学生気分で済まされる年齢ではありません。


肝心の仕事自体、わたしは経験者で、即戦力の社員として入りまして、初日から、彼女には未だにやらせていないというレベルの業務をこなしてきております。
それを逐一無駄ないちゃもんつけで邪魔をされたり、「いつも終わらせていないで帰っていた」などと言われたりするのは、笑ってしまうレベルの話で、まだ怒りにも達していないくらいです。
むしろ、報告した友人のほうが憤っていました。

また、謙譲語も尊敬語もまともに遣えないという、社会人としても未熟で、とても「先輩」と呼べるような人物でもありませんし、口出しすることも的はずれなことばかりで、とても「指導」と呼べる域のものではありません。

前に辞められたかたたちも、わたしより更に10歳は上の、40代、50代の女性ばかりだったそうなので……ある意味、相当な強者ではありますが。
前任者のかたとは一緒に作業させていただいたこともありますが、やはり仕事のできるかたでした。

やはり、自分にできないことをできる人たちへの僻みと、人の足を引っ張っぱることで自分が優位に立ちたいのだとは、わたしも思っていました。

前任者のかたは、「若いというだけで、仕事もできないし美人でもない。ただ、キャラ作りで雰囲気かわいい私を演出するのだけは上手いよね。男にはわからない」と、卑屈になっておられましたが……
ほかの男性たちにも周知の事実でしたから、本当に、ご自分を卑下なさらないでください。という気持ちです。

わたしに言わせれば、普通にしていれば「至って普通」レベルで済む程度なのですが、もはや性格の悪さが顔に滲み出ているただのブスです。こういった表現は、滅多に同性には遣いませんが……彼女にだけは、あえて遣わせていただきます。


会社との交渉のほうは、先生から、いろいろと条件を出してもらっています。今後、もし拗れれば提訴になる。という感じですね。
わたしとしては、最初はなるべく適度に早めに済ませたいつもりでしたが、ここまで嘘八百を並べてくるなら、それでも良いかと思ってきました。ここはまた、反論の反論を見るのも憂うつではありますが、様子を見ます。


わたしも、とにかく次は、労基の聞き取りが関門でして、「強」になるかが五分五分だとは考えております……
一番こわいのが、子どもの頃から入眠困難があり、もともと眠剤を服用していたので、「既往症」と取られないよう、とにかく社労士の先生が、別途申立書とともに、そのあたりも立証するような書類も作成してくださるそうなのですが……
この点が、心配しているところです。先生のことは信頼しておりますが。

この結果を待って訴訟にする。というのも、交渉の条件からいくと難しいようなので、仕方ないですが、適度に交渉で折り合いをつけ、もし認定されれば受給に切り替える……ということになりそうです。
もっとも、弁護士の先生いわく、「なかなかごねてくる会社」ですから、折り合いがつくかどうかもわかりませんが。
もう、訴訟になってもよい。という、証拠と心の準備だけはしておこうと思います。

本当にいつもありがとうございます。周りにも相談できる相手はいなくはないのですが、実際に経験したかたというのは、おりませんので。
ちなみに、わたしの主治医も、労災の書類を書くのは初めてのようでした。

金太郎さんも、お大事になさってくださいね。
また動きがありましたら、ご報告させていただきます。


11: :

2017/04/29 (Sat) 05:49:10

毎度、長文で申し訳ありません。

添えそびれてしまいましたが、もちろん、何かの書類にサインをした等の事実は一切ありませんのでご安心ください。

むしろ、ようやく取り寄せたタイムカード(のようなもの。オンライン入力で、週ごとに、勤務時間はもちろん、毎日の業務内容や、その週の成果や反省点などを記載して提出している仕組みです)
には、わたしも取り寄せるまで見たこともなかったのですが、直属の上司と、その上の上司からのコメントも毎回記載されていまして

「仕事の精度が高いと感じており、期待しています」等、むしろ不利になるようなことは書かれておりません。

こちらも、わたしが仕事を放棄して帰宅などしていなかった証拠になりうるかと思います。
12:金太郎 :

2017/04/29 (Sat) 17:19:51


舞さんへ

えっ!?
問題児さんは10歳も年下のアルバイトの方だったんですか!!
いろんな方が被害に遭われてるということだったのでてっきり歳上の上司の方かと思っていました。
パワフルな問題児ですね。

確かに…、性格が歪んでいて女性から嫌われていても男性受けする女性はいますからねぇ…。
またそんな女性に男性は強く言えないんですよね。

それに40代や50代の方からしたら、20歳下、30歳下になりますから子供でもおかしくない年齢ですもんね。
呆れて相手にするのも嫌なんでしょう…。

舞さんは仕事はきちんとやられていた様ですから対会社のことに関してはあまり心配なさそうですよね。
あとは過去の被害者の方達が問題児がいかにヒドい存在だったか証言してくれたら信憑性も増しますよね。
弁護士さん次第で良い結果になりそうですね。

労基署の方は、どうなるか心配なところですね。

厚生労働省の「精神障害の労災認定」のパンフに記載されている心理的負荷に関しては…
「中」+「中」→「強」または「中」
となっています。
つまり、「強」ではなかったとしても「中」の出来事がいくつかあるのであれば、「強」になることもあるようです。

私のときは、なるべくたくさん出した方が良いと弁護士さんから指導があったので出来る限りの出来事を書面にして労基署に提出しました。
聞き取り調査が済んだ後にも思い出した出来事を追加で提出したくらいです。

労災認定された後も説明など無いので、どれが「強」と判定されたのかは未だにわかりませんが…。
という訳で出来る限り「出来事」を記載して提出した方が良いと思いますよ。







13: :

2017/04/29 (Sat) 23:48:47

金太郎さん、いつもありがとうございます。

そうなんです、ビックリしますよね笑
10歳近く離れてますし、もちろん業務だけでなく、社会人としての経験も永いわけですから……どんな間違った自信家なのか、という感じです。

わたしがクライアントと電話をしていても、いちいち聞き耳をたてていて(相手の声は彼女には聞こえていません)逐一、無知を晒した揚げ足取りをしてくるのですが……
そのわりには、本当はわたしの応対に影響を受けているようでして、「拝見していただけましたか?」なんて電話口で言っちゃってました。面倒なので、こちらからは何も言いませんけどね。

前任のかたも「娘くらいの歳なのに……彼女の生命力の強さに負けたんでしょうか」とおっしゃっていましたから。笑い事ではないですが、それくらい強烈です。
学生時代も、おそらくいじめっ子筆頭だったんじゃないでしょうか……。
 
アドバイス、本当にありがとうございます。
社労士の先生との打ち合わせの際も、とにかくアドバイスも仰ぐつもりではいまして、内容として申し立てたいことについては書面は作ってくださるそうなのですが、
やはり別途、初回の聞き取り調査の際に、自分で証拠を用意していったほうがよいのでしょうか?

おもに、リアルタイムで知り合いに報告していたものや、前任者との、日時入りのやりとりの記録などになりますが、すべてスクショしてあります。
(前任者とは、問題児に第三者目線で問題があったとわかる発言と取れるようなものです。弁護士の先生からもOKは出ています)

金太郎さんは、最初から、すべての資料を用意して行かれましたか?

弁護士の先生には、スクショしたものは何点か送っているのですが、社労士の先生とは、そういったやり取りは、いまのところないんです。

いつも申し訳ないのですが、もし必要なら用意しようと思いますので、またアドバイスをいただければ幸いです。
14:金太郎 :

2017/04/30 (Sun) 15:00:32

舞さんへ

私の場合、思い当たる出来事を全て書面に記載しました。
あと、携帯のメール画像もプリントアウトしました。

それらの証拠となる物を弁護士さんに全てお渡ししました。
弁護士さんが全てチェックし訂正、加筆してくれました。

その上で弁護士さんと、労基署の聞き取り調査でどういった話をするかを打ち合わせしました。
弁護士さんからは細かくアドバイスして頂いたので、私の方から勝手に動くということは一切ありませんでした。

また、聞き取り調査の後に追加で提出した書類も弁護士さんにチェックして頂いてから弁護士さん経由で提出してもらいました。

私の場合、体調が良くなかったのもあり、全てのことを代理人となっている弁護士さんにお願いしました。
聞き取り調査は本人が行かないといけないので、私が行きましたが、それ以外のやり取りは全て弁護士さん経由でした。
当たり前の話ですが、弁護士さんが私の代理人となってくれている訳ですから、私が動くことはありませんでした。

ですから、舞さんの場合も依頼している社労士さんに相談した上で実行に移した方が良いかと思いますよ。
やはり専門家のアドバイス、指導が一番信頼することが出来ると思いますし…。

舞さんは、これから社労士さんと打ち合わせをするとのことですから、その際に追加の資料があるのであれば社労士さんに相談してみてはいかがでしょうか。
15: :

2017/04/30 (Sun) 18:08:04

金太郎さん
連日いつも本当にありがとうございます。
お手数おかけして申し訳ありません。

本日はまぁまぁ体調が良かったのもあり、メールやSMSのやりとりも膨大ですし、お昼前に社労士の先生にお電話して、うかがいました。
もしも自分で作成する必要がある場合、少しずつ進めておきたいので……

来月の聞き取りの際までには用意する必要はないようですが、やはり体調のよいときに少しずつ進めておこうと思います。

あさって、打合せに行く予定です。
わたしの場合、弁護士と社労士の先生を、別々に頼んでいるので、少しややこしくなってしまっているのですが……

また少し先が見えたら、報告に上がりますね。
16:金太郎 :

2017/04/30 (Sun) 20:54:10

舞さんへ

少しずつ進展している様ですね。

弁護士さんと社労士さんと別々に依頼していらっしゃるからややこしい部分もあるかもしれませんが、それぞれの先生の強みがあるかと思います。
ですから、それぞれの先生と良く相談して進める様にして下さいね。

それぞれの先生にパワハラなどの出来事を伝えるのは舞さん自身です。
伝えたい事柄があったらそれぞれの先生が理解しやすい文章を意識して作成することも大事なことだと思います。

私のときも会話だけだとどうしても伝わりきらない部分がありましたので文章だけは丁寧に作成しました。
また、弁護士事務所に何回も伺うのは私自身が負担になりますのでワードで作成した書面をメールに添付してやり取りしていました。

打ち合わせの前には、先に伝えたいことをワードで文章にしてメールしていました。
打ち合わせの当日に弁護士さんは、私の作成した文章を添削してプリントアウトしてくれていたので随分と助かりました。

これらのパワハラなどを記載したワードの書面は調停の際にも使用しましたし、労災申請の際にも使用しました。
自分自身の資料にもなりますし、今もファイルして記録として残しています。

労基署の聞き取り調査の際には、それらの書面を持参して伺いました。
私自身があまり話せなかったので随分と助かりました。

弁護士さん、社労士さんとそれぞれ方のやり方があると思いますので何とも言えませんが、私の場合はそんな感じでした。

精神的にしんどいときもあるかと思いますが、応援していますので頑張って下さいね。
また報告をお待ちしております。





17: :

2017/05/01 (Mon) 11:26:04

ありがとうございます。
わたしも基本的には、弁護士の先生とは一度だけ面談をしまして、あとは、メールでやりとりしています。

労災を別途社労士の先生に頼んだのは、やはり、どうしても可能性を上げたかったからなのですが。社労士の先生のほうが、何度か直接面談したいタイプのようです。

ひとつ書類をちょうど仕上げたので、試しに添削はしていただきます。(どれだけの証拠能力があるのかが、不明でして……)

まさに本日、また会社とは交渉してくださるようです。あまり条件は下げなくないのが本音です。謝罪は求めていないとは言え、一部でも事実を認めるかどうかにもよりますね。
このへんは気持ちの問題もありますが。

当初、お2人の先生は、直接連絡をとることはない。とお互いおっしゃっていましたが、結局、内容に大幅な相違があってはよくないので、社労士の先生からお電話は入れていただいています。

金太郎さんのように、会社側から調停でも申し入れられれ場、もうこちらは応じてもいいくらいの気持ちなのですが。

また親展がありましたらご報告いたします。
18:金太郎 :

2017/05/02 (Tue) 10:30:44

舞さんへ

社労士の先生と弁護士の先生が連携を取ってやってくれているのは心強いですね。

こういった問題は時間がかかりますし、精神的な負担も大きいので舞さんの「調停でも申し入れられれば…」という気持ちはわかります。
早くスッキリしたいという気持ちになってきますよね。

なかなか難しいとは思いますが、あまり深く考えすぎず無理をしないようにしてくださいね。
19: :

2017/05/02 (Tue) 13:22:01

金太郎さん

連日お世話になります。
ぶじに社労士の先生とは打合せをしてきました。

申立書を作成していただきまして、その受け取りと、労基での聞き取りの際の受け答えの仕方など、うかがってきました。

こちらで、社労士の先生ができることは、ほぼ完了となり、あとはわたしが頑張るしかないようです。

画像等については、さほど必要ないそうで、もし後日求められたら、やはり後からでも提出すればよいそうです。

ほかのかたの参考にも、この点は記しておきますね。

やはり、聞き取りも1回で終わるかはわからないし、自分でも、あとから「言いそびれた」と思うことがありましたら、電話で再度、面談を申し入れればよいそうですね。

あと約3週間ありますので、きちんと思っていることを話せるよう、しっかり準備しておきます。

本当にいつもありがとうございます。
会社との交渉も、昨日、先生が別件が長引き、本日してくださるそうなのですが……こちらもまた、ある程度動きがありましたらご報告に上がります。
20:金太郎 :

2017/05/03 (Wed) 02:04:39

舞さんへ

無事に社労士さんとの打ち合わせが終わったようで良かったです。
色々とアドバイスを頂けたようで良かったですね。

労基署での聞き取り調査は、聞かれたことに答えていくだけなのですが、とにかく時間が長かったです。
私のときは、担当の方がパソコンに入力する時間が多くかなり長かったです。

入力を待っている時間がとにかく長かったです。
最後に完成した調書を確認して問題が無ければ自身のサインをします。
その後、労基署はその調書に基づいて調査をしていくようです。

あと、私のときは聞き取り調査が済んでから、最後に証言してもらえる人のことを聞かれました。
当時、1名の同僚は証言してくれる約束をしていました。
しかし、名前と電話番号という個人情報を労基署に教えることになるのでもう一度その同僚に確認を取りました。
それからその同僚の名前と電話番号を労基署の担当者の方に弁護士さん経由でお伝えしてもらいました。

また、聞き取り調査が済んで数日経ってから、もう1名の同僚から「協力してくれる」と約束してもらえました。
ですから、また弁護士さん経由で労基署の担当者に証言してくれる同僚の名前と連絡先をお伝えしてもらいました。

その後、その同僚が労基署に行って担当者に話をしてくれました。
その同僚の労基署での聞き取りが済んでから、その同僚に感想を聞きました。

「2~3時間ほどかかったけど、言いたいことを全て言でたからスッキリした。」
「あの会社の悪いところを言えたから良かった。」
と同僚は言ってくれました。

当時は涙が出るほどありがたかったです。


という訳で証言してくれる方がいることは良いようです。

舞さんの聞き取り調査まで約3週間だそうですが、以前おっしゃっていた証言してくれそうな過去の被害者の方たちとは会えましたか?
過去の被害者の方たちに証言してもらえるようになれば良いですね。

最後に会社との交渉も気になります。

どちらも同時進行で大変かもしれませんが、無理のない範囲で頑張って下さいね!
21:魚類super :

2017/05/06 (Sat) 16:07:18

はじめまして。

私は会社からの嫌がらせ(独りで数週間地下室に閉じ込められる、出勤停止ではないのに強制的に有給を全てつかわれる、
挙げ句の果てには所謂3k会社へ出向)という扱いを受け、適応障害となり休職し、10ヶ月くらいになります。

当初契約した弁護士が使えず、解任したり新しい人を見つけたりで遅くなりましたが、昨年末に労災を申請して、
今は結果待ちです。

この手の労災が認められた人の話はほとんどなく、このブログは非常に参考になりました。
ありがとうございます。

私の場合も聴取は5時間かかりました。
職場への立ち入りも既にやったみたいです。ただ、同僚からの聞き取りはしないと自分の聴取のときに
言われたので、その辺が少し違うところかと思います。

また、私は過去歴があるからか、労基署側の精神科医の合議を経る必要があると言われていますが、
やはり6月までかかると言われていたものが、先月末に「来月には出そう」と連絡がありました。

認められるのか不安を抱えながら半年待つ辛さは同じなんだと思ったら、あまり深く考えないように
しようと思いました。

貴重な情報ありがとうございました。
22:金太郎 :

2017/05/07 (Sun) 07:17:38

魚類superさんへ

書き込みありがとうございます。

当ブログが参考になったのであれば良かったです。
当ブログは同じように苦しんでいる方に対して少しでも何か出来ればと思って始めたブログですから魚類superさんのように書き込んで頂けたらブログを続ける励みになります。

勤務先で辛い思いをされていたようですね。
地下室に閉じ込めて孤立させたり、有休を勝手に使うとか滅茶苦茶な会社ですね。
不当なことをするブラック企業は許せません。

労災申請は結果が出るまで不安になりますよね。
私も不安で仕方ありませんでした。
しかし何も出来ませんので良い結果が出ることを祈りながら待つしか出来ません。
そこがしんどいところです。

また結果など報告して頂けたら幸いです。
魚類superさんの書き込みが当ブログと同じように誰かの参考になるかと思いますので…。

今後も当ブログを宜しくお願い致します。




23:魚類super :

2017/05/07 (Sun) 17:54:43

お返事ありがとうございます。

やはり結構メチャクチャですよね(笑)
でも、今まで平然と行われてきたので、内部の人間はこれが当然だと思ってます。
まさにどこかの国と同じです。

私が属している企業は、恐らく皆さんご存知の大きいところなのですが、
社運をかけたプロジェクトのため、大幅黒字にもかかわらずこうやって人斬りを進めています。
しかも、ゆくゆくはこういった風土もセットで海外に輸出するとが豪語しているので、
パワハラ文化まで輸出するのかと思うと、非常に腹立たしいし、日本の恥だと思います。

私のように労災申請をしたのはおそらく初のケースなので、正直不安が大きいですが、
自分だけじゃないと励まされたような気がします。

これからも宜しくお願いします。
24: :

2017/05/09 (Tue) 22:00:26

こちらでもよろしくお願いいたします。
聞き取りまで、もうお済みなったということで、本当におつかれさまでした。

わたしも約2週間後に聞き取りが控えておりまして……お話をうかがっても良いでしょうか?
語弊がありますが、やはりここでは正直、会社との対応よりも、失敗したくはないと考えています。判断するのは、あくまで労基のかたですが……

結果はまだとのことですが、魚類superさんが事前に用意した事柄や、弁護士の先生からアドバイスいただいたこと、
実際の聞き取りの際に感じた、答えかたのコツのようなものがありましたら、うかがえましたら幸いです。

また、これが一番気になっているのですが
ほかの人には聞き取りはしないとのことでしたが……これは、魚類superさんが隔離されていたせいなのでしょうか?

わたしも、第三者の証言が得られれば一番よいとは思うのですが、派遣のかたしかいなかったので、正直証言を頼んでよいものか、受けていただけるのか、悩んでいます。
こんな面倒ごとに、誰しもわざわざ関わりたくないだろうなぁ、というのもわかりますし……

ひとまず、対会社のほうについては、昨日からまた代理人どうしのやりとりがあったようで、弁護士の先生からご連絡いただきました(大したことではなかったため、今回は事後報告でしたが、もともと伝えている希望に添うようにお答えいただいたようですので、何ら不満はありません)

その前に、GWに入る前にこちらからメールをしておいたのですが、次の反論で足していただこうと思っていた事項(苛めについての追記)があったのですが
すでに弁護士間では2往復はしておりまして、今度はまたこちらから反論する段階でして

労基の聞き取り日時が決まった今、ここで書いてしまうと、相手方が呼ばれる際に、ある意味対策を練られてしまうと思い、そこにはあえて触れないようにしていただきました。
先生からも、その通りなので、そうしましょう。ひとまず現状で様子見ましょう。とのことでした。

なかなか体調も悪く、乱文ですみませんが、参考までにお教えいただけましたら助かります。
25:魚類super:

2017/05/09 (Tue) 23:36:30

舞さん こんばんは。

2週間後に聞き取りとのこと、心中お察しします。
でも、そこまで不安になることはないと思います。
多分金太郎さんからもアドバイスがあるのではと思うのですが、
労基署は結構親切に聞いてくれるので大丈夫です。

おそらく既に申立書を提出されていると思いますが、その内容に沿って労基署の担当が既に「陳述書」のような書面をある程度作っています。

自分の場合、申立書に書いていなかった職務経歴なんかは会社の人事から細かく聞き出していたようで、
「平成○年○月、何処へ移動」と言われ、合っているか聞かれました。その時社内用語も出てきたので正直驚きました。
その中で10年程前に所属していた部署で、当時の上司によるパワハラで鬱病を患ったのでその辺も詳しく聞かれ、
当時通っていたクリニックに診療情報開示の同意書を書いてくれとも言われました。(転居前だったので現在と医者が違う)


職場の聞き取り調査については後日行うと言っていましたので、聴取は申立者→労基署が必要と認めた人物
という流れになっているはずです。職場の立ち入り調査も、この本人聴取の後に実施すると思います。
(恐らく立ち入り調査と同僚、上司聞き取りは同日実施)

前後しましたが、申立書及び労基署が調査した範囲内である程度作成されている陳述書のようなものを元に、
内容が合っているか、また労基の担当者が疑問に思っていることを質問されたりして、その場で労基の担当者が
パソコンで打ち直しをしていく、それが延々と続きます。

但し、この中である程度担当官がわからないものについては、その担当官の「憶測」で既に書かれています。
自分の担当の場合は「ここは私の憶測で書きました」と教えてくれたのですが、もしそうでなければ、
自分がスルーしてしまうと事実と異なる調書ができてしまう恐れはあると思います!!!
ここはしんどいと思いますが、絶対に見誤らないでください。

金太郎さんは6hと書かれていましたし、私は休憩なしの5hでした。
当初は2〜3hで終わると言われていましたが、、、

私の場合、話すことが多かったのと部屋が乾燥していたので、担当者が出してくれたお茶では足りず、自前の
ペット茶1本飲み干してしまいました。
また、嘔吐に対応するためだと思いますが、洗面器が常備してあったのが非常に印象に残っています。
尚、その場で更に証拠となる書類(出向先就労条件通知書)があったので見せたところ、
「本書面の最後に就労条件通知書を証拠として添付する」と言うような文言を最後に記述し、まとめてホチキス止めしていました。
もし、労基署に出していないものがまだ手元にあるのであれば、全て持って行って担当官に見てもらった方がいいです。

で、最後に担当官が打ったものを印刷し、内容及び誤字脱字がないかを確認、修正を反映したものを目通しして、
最終ページに署名捺印して終わります。

私が調べたところでは同僚からの聞き取りも行うとあったのですが、私の場合、恐らく隔離されてからは管理職としか接して
いないからだと思われますが、「まぁ、対象はその辺の人でしょうね」と言われました。
実際、同僚からは聞き取りになったという話は聞きませんでしたが、会社側から「もし聞き取りになったら余計なことは言うな」
と言う圧力があった、との連絡はありました。



最後にご質問のあった私の件に対する第三者への聴取についてですが、恐らく隔離自体が現在厚労省が認めたパワハラに該当するから
ではないかと思います。隔離されてからは完全に一人でしたから。

隔離部屋の写真を申立書と一緒に同封して労基署には送りました。
先にも述べましたが、私の属する企業では未だにこういったことがまかり通っているので、
もし自分がそうなった時は徹底的に証拠を抑えてやろうと思いました。

この対応は今から約12年前に社会問題化し殆ど消滅したのですが、自分の地域では未だ残っているものです。
(勘が良いとこれでわかるかもしれませんね)

正直なところ、携帯電話も電源を切っているか毎朝確認されてきました。
その中で、私はできる限りの手段を採って証拠を残し今戦っているところです。


私も乱文ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。



また何かございましたら、お気軽に♪
26:金太郎 :

2017/05/10 (Wed) 02:22:37

舞さん、魚群superさんへ

いつも書き込みありがとうございます。
私の予想以上に掲示板が活用されていてうれしく思っています。

舞さんは2週間後の聞き取り調査が不安なようですね。
私も聞き取り調査をする前は怖くて不安で仕方ありませんでした。

実際の聞き取り調査では、魚群superさんが書かれていますが、担当の方から聞かれたことに答えていくだけですので困ることはありませんでした。
不安に思っていましたが、担当の方も丁寧な態度で聞いてくれるので思っていたほどではありませんでしたよ。

労災の審査は、発症日以前の半年間を重視するようですのでその半年間で起こった出来事を意識して話した方が良いと思います。
発症日以前の半年間の出来事が原因で発症したということを言えればいいと思います。

あと、私の場合、初めて心療内科に行った日が発症日になるのかと思っていたのですが、労基署の方が決めた発症日は心療内科に初めて行った日の2か月ほど前の日でした。
このブログには書いていませんでしたが、私の場合、給料を急に4割もカットされたのですが、その減額の宣告をされた日が発症日となっていました。


以前にも書いたと思いますが、私が思う労災の判定に関しては証明できる出来事が多くあった方が有利になると思っています。

例えば、長時間労働などはタイムカードがあれば証明できます。

こういった数字ではっきりした証明が出来るものは事実として認められる。
それに長時間労働は「発病直前の〇か月連続しておおむね〇時間以上の時間外労働を行った場合」という形で「強」になる基準が定められています。
ですから、「強」に認定されるのは難しくないのだと思います。

それに対して、パワハラやセクハラなどのハラスメント行為は事実として認定されるかわかりません。
労基署も一方の話だけを聞いて判断が出来ないから、会社や関係者に聞き取りをしますが、ほとんどの会社がハラスメント行為を否定をします。
そうなった場合、労基署は事実かどうかが判断が難しいのではないのかと…。
このようなことがあるので証拠や同僚の証言などがあれば良いのではないかと思います。


あと、聞き取り調査の際に用意したものについてですが、一つ思い出したことがあるので書かせてもらいます。

実際の聞き取り調査あった頃、私はしんどかったのもあってあまり話をしなくて済むようにと考えました。
それで弁護士さんに書面を作成してもらいました。
弁護士さんと相談しながらですが、厚生労働省の「精神障害の労災認定」のパンフレットにある判定の項目ごとに出来事を整理しました。

例えば…

「2週間以上に渡って連続勤務を行った」
という項目であれば、「〇月〇日~〇月〇日の間、連続勤務をしました。」と説明を書いてタイムカードを添付しました。

「仕事内容・仕事の量の大きな変化を生じさせる出来事があった」
という項目であれば、「〇月〇日に〇〇さんが退職してその業務を私が受け持った。」というような説明を書きました。

こういう形で私自身が当てはまると思った項目を全て出して、それぞれに説明文と証拠があるなら証拠を添付して聞き取り調査の日に持っていきました。
10ほどの項目が当てはまると思ったのでかなり枚数になりましたが…。
(たくさん出したのでどの項目が「強」や「中」になったのか未だにわかりません。)

当日の聞き取り調査では、その書面を担当の方に見せたところ、担当の方から「そんな書面を作ってきてくれているなら聞き取り調査しなくても良いね。」と言われました。
しかし担当の方から「そういう訳にはいかないから、ごめんね。」と言われ、結局は6時間の聞き取り調査が行われました。

6時間といっても担当の方がパソコンで打ち込んでいる時間が半分以上です。
それに書面を作って行ったので私自身はあまり話をすることもなく確認するくらいで済みました。
最終的にその作成した書面は、魚類superさんのときと同じように調書に添付資料としてホチキスで止めていました。


あと、これも魚類superさんが書かれていますが、労基署はこの聞き取り調査で作成した調書を元にして会社と関係者に話を聞いていきます。
私の場合、こちらが指名した2名の方が私の証言するために労基署まで足を運んでくれたのですが、その2名とも「こういったことがあったと言っていたが本当ですか?」というような質問が多かったと言っていました。

ですから、会社や関係者にも同じように質問しているのではないかと思います。
会社は全てを否定するでしょうけど…。

とにかく、会社の否定(嘘)に負けないように出せそうなものは全て出した方が良いかと思います。
余計なものを出して不利になってはいけませんので舞さんが依頼している社労士さんと弁護士さんに相談してからの方が良いかとは思いますが…。

大変だとは思いますが、無理のない範囲で頑張って下さいね。

27: :

2017/05/10 (Wed) 06:23:22

お2人とも、早速ご親切にレスいただき、ありがとうございます。

以前にも書き込みさせていただいているのですが、わたしがお願いしている社労士の先生は、実際に労基で認定されていた側の経験があるかたなので、大まかな流れはうかがってはいるのですが(ご親切にいろいろと教えてくださったのに、気分を害されたら申し訳ないです)

これは担当者にもよるのかもしれませんが、
書類にいちいち目を通すのは、正直、職員としては面倒であまり見ないらしく、もし提出する必要があると言われたら、あとから郵送でもいい。と言われたのですが

やはり、こちらの心理としては、会社は否定すること前提で考えてはいますし、あることないこと出されることもありますので(実際に弁護士間のやりとりでも出てきました)、

友人にその都度、相談・報告していた記録や、
派遣のかたから「苛めが原因の強制退職みたいなものじゃないですか。自分もいまはターゲットにされているし、なぜ、あちらには何の処分すらないのか。彼女を辞めさせない限り、解決策はない」
といった旨のメール等があり、出向いてくれないとしても、第三者目線で、問題が先方にありすぎるという証拠のためにも、提出したいとは思っておりまして、そこがまた悩みどころです。

また、わたしの場合は、入社3日目くらいから苛めがすぐに始まりましたので、発症まで半年もないので、2~3月の出来事を、申立書として、まとめていただき、提出してあります。
それでも、どうしても今回に限っては、労災申請をしないままで終わらせたくない、酷い苛めっぷりでした。

また、聞き取りの時間ですが、当初は10時~で、お昼を挟んで続きを。とのことだったのですが、不眠の悪化が酷く、そこまで出来る自信がないのと(職場がものすごく近所なので、誰かと鉢合わせしたら嫌だな、という気持ちもあります)

社労士の先生に報告したところ、普通は午後からやるのが一般的なんだけどなぁ。と、おっしゃっていたので、申立書を送った連絡の電話を労基にした際に、体調不良を理由に、午後に変更していただきました。

お2人ほど永くいたわけではないので、ひとまず第一回目の聞き取りは、この日の夕方くらいで終わるのではないかとは思っていますが……
会社の関係者が呼ばれたあと、また呼ばれる可能性もあるとのことで、そちらも視野には入れてあります。どうせ全否定でしょうから。

弁護士間のやりとりでも、再三相談しており、会社側の複数人から、「前から、彼女には、そういう噂はあったから、どんなことをするのか聞かせて欲しい」と、呼び出しの場があったにも関わらず、その場があったこと自体、なかったことにされてますから。わたしも、まさかこうなるとは思っておらず、呼び出しも急だったことから録音もできていませんので……(職業柄、ボイスレコーダは個人的に持っていますし、以前の会社でも、危ういことがあったため、そのときは常に密かに録音していました)

せめて、やはり数人に、リアルタイムで報告していた証拠くらいは、やはり提出したいとは考えてしまいます。

たしかに、お電話口で話した印象では、明るく優しそうなかたなのと、わたしが申請を出したのが3月だったので
ちょうど年度切り替えで、担当が女性のかたに代わりまして

こういった問題には、女性のほうが理解がある。と、よそでも読んだのですが、社労士の先生もそうおっしゃっていたので、そこに望みをかけるしかないです。

あとは、何人も退職に追い込んできた大問題児が、どう出るかですね。相手によってコロッと態度を変えるタイプですので……泣き脅しでもするか、激情型になるか、まさか自分の言動でここまで大事になるとは思っておらず、ガタガタ震えるのか……予想がいくつかあり、なんせ気違いですから、どうなるかわかりません。

ただ、わたしに言わせれば、若いのに本当に人相に出ていますので、女性どうし、そこは見抜いていただきたいものです。


わたしのなかでも、なかなか整理がついておらず、乱文で失礼します。
また何か思い出したことなどございましたら、お教えいただければ助かります。

28::

2017/05/16 (Tue) 10:51:15

金太郎さん、皆さま、お世話になります。

金太郎さん、先日はレスありがとうございました。こちらこそ、いつも助かっています。
労災のお話になりますので、こちらに書かせていただきます。問題がややこしく、どちらのスレに書いていいものやら、判断が難しく、申し訳ありません。

気づけば、聞き取りまで約1週間と迫ってまいりました。
また、GW途中から昨日までは、ひっそりと実家でのんびりしておりまして、自宅へ戻ってきたのですが
幸か不幸か、このタイミングで、会社との交渉について弁護士の先生からご連絡がありました。(実家にいるときでは、現実に引き戻されてしまいますので、このタイミングで良かったのですが……)

会社は、あくまで強気の姿勢のようで、先生も、そろそろ提訴を考え出したようです。
わたしも、聞き取りももう目前に迫っていますし、会社がもとめる「労災申請の取り下げ」に応じるつもりは一切ございません。

金太郎さんや魚類superさんからいろいろと助言もいただきましたし、わたしなりに精一杯、と言うのも変ですが、労基のかたにご理解していただけるよう訴えるつもりでおり、その意志を変えることはありません。

会社に対しては、そんなに労災申請されたくないのであれば、もっと社員を大切にすればよいのに、としか言いようがありません。

妥協して労災申請を諦めるか、いま提訴するか、労災の結果を待ってから提訴するか。と、先生からは言われました。
が、やはり結果を待ってからとなりますと、生活費に不安があります。

聞き取りが終わり次第、提訴に踏み切るかもしれません。
いまから提訴しても、裁判中に労災の結果が出るかもしれませんし……

さすがに少し動きがありましたので、乱文で申し訳ありませんが、ご報告と、個人的に金太郎さんたちのご意見をうかがえればと思っております。
29:金太郎 :

2017/05/17 (Wed) 10:57:25

舞さんへ

実家でゆっくりされていたようで良かったです。
実家は落ち着きますよね。

提訴と労災申請の件ですが、悩ましい問題ですね。

私のときは調停が済んでから労災申請を行いました。
私のときも調停の際に会社側から「労災申請はしないでほしい」と言われたようです。(弁護士さんが話をしてくれていたので私は聞いていませんが…。)

会社とは調停の結果、解決金をもらって和解しました。
なので、妻は「和解したのに労災申請して問題ないの?」と心配してくれていました。
弁護士さんに聞いたところ「和解しても労災申請は別問題だから」ということで労災申請してくれました。

私自身はもっと早くに労災申請をしていたら調停が済んでから結果が出るまでそんなに間が空かなかったのでは…と思うところもありました。
弁護士さんは、一番最初の打ち合わせのときから労災申請をすると言ってくれていたのですが、実際に労災申請したのは半年後だったので…。
(その分、傷病手当をもらっていた期間も長くなり返還に時間がかかってしんどかったのもありますが…。まぁ、色々と済んでから思ったことでその最中は何も思わなかったのですが…。)

とにかく弁護士さんにお任せしていたので私自身は何も考えていませんでした。調子が良くなかったのもありあまり考えられない状況だったので…。
妻の方が色々と動いてくれていたので心配だったようです。


…で、舞さんの件ですが、私自身は労災申請も提訴もすれば良いと思います。
会社が「労災申請の取り下げ」を求めているのであれば、労災申請は会社にとって嫌な攻撃なんだろうし…。

それに今は傷病手当を受給しているとのことですが、1年半で期間が終了します。
それまでに体調を戻して社会復帰出来ればよいですが、出来なかった場合もっと生活に困ることになると思います。
傷病手当より手厚い補償を受けれるようになりますし、労災申請はしておいて損することはないと思うのですが…。

提訴の方は弁護士さんの考えがあるでしょうし、弁護士さんに任せるしかないのでは…、と思います。
個人的な意見ですが、提訴するのであれば別に労災の結果を待たなくても良いだろうし、取り下げることもないと思うのですが…。
それも弁護士さんの考えがあるでしょうし、私は何とも言えません。(労災認定されていた方が戦いに有利だからということなのかなぁ…。)

私の個人的意見としてはこれくらいです。
最終的には依頼されている弁護士さん、社労士さんと良く話をして決めるしかないと思います。


あと、労基署の聞き取り調査まであと1週間に迫っているのですね。
だんだんと忙しくなってきましたね。無理しないようにして下さいね。

舞さんも書かれているように労災に関しては労基署および労働局の担当者が審判ですから、審判が判断しやすい状況説明をしていけば良いのではないでしょうか…。
会社との戦いは、対戦相手が理解してくれなくても審判が理解してくれれば良いという試合だと私は思っています。

良い結果になることをお祈り申し上げます。

30: :

2017/05/17 (Wed) 13:33:01

金太郎さん

ご丁寧にお返事ありがとうございます。
昨日急きょ決まったのですが、提訴になりそうな可能性も出てきまして、労災用に用意していたメール等のやりとりを、ひとまず弁護士の先生にも送ったところ、これから面談することになりました。

わたしも、会社がそこまで労災申請を拒むということは、自信がないのでは?とも思いますし、どちらも取り下げたくはありません。
ただ、わたしの場合は、1年勤めていないため、取り下げをしないなら傷病手当も止める=収入が、少なくとも労災が認められるか、訴訟が終わるまではゼロになるということです。
そのへんもあり、小娘だと思って舐められているのかもしれません。

また、ちょうど先ほど通院したところだったのですが、先生がご高齢なこともあり、医院を閉めることになったとのことでした。聞き取りの段階まではやっているので問題はないと思うのですが、わたしも次の医院を探さなくてはならなくなってしまいました。
いまの医院が自宅から徒歩2分のところにあり、予約も不要で通院にも苦がなく、必要な書類も書いてくださっていたので、いずれ引退なさるのでは……?とは、前々からどこかではわかってはいたのですが、少々ショックを受けているところです。(これに伴い、医院についてはご紹介できなくなってしまいました。申し訳ありません)

ただ、ちょうど労災申請の書類に記載していただけるまでは現役でいてくださったことに、感謝すべきだとも感じました。

わたしも、今のところは、どちらも取り下げるつもりはないのですが、今から提訴の準備をしたとしても、ある程度時間はかかるでしょうし、魚類superさんの以前の書き込みでも、少し早めに労災の結果が出ることもあるようですし、
裁判の途中でもし結果が出たとすると、どうなるか?など、うかがってこようと思います。

もちろん、先生も、労災が認められていたほうが、結果にも有利に影響はしてくるとおっしゃってはいますし、わたしもできれば、そうしたいのはやまやまなのですが……
収入がなくなるということで、やはり悩みどころで、いまは、すぐに提訴の可能性を考えています。

あと、これは、あまりこういった場で書くべきことではないと思って、今まで書いてはいなかったのですが
わたしは銀座を歩いていれば、よくスカウトに声をかけられる程度の容姿ではありまして(決して自慢ではありませんが、片親が外人顔で、よくわたしも混血かと聞かれ、某海外女優にそっくりだと言われる程度です)
過去にも、永くはないのですが、ホステスをしていた経験もありまして

正直、収入がゼロというのは、やはり厳しいのですが、昼間に大っぴらに働くことはできませんので、あと数ヵ月、また夜にバイトをすることも考えています。

取り急ぎ乱文ですみませんが、また報告させていただきますね。
31: :

2017/05/17 (Wed) 15:44:19

連投で失礼します。ただいま、無事に弁護士の先生とお会いしてきました。
訴訟の話になるかと思っていたのですが、労災の聞き取りに備えてのお話がメインで、わりと早く終わりました。

労基に提出する書類に関しては、弁護士の先生のほうで肝となるものをまとめて用意してくださるそうです。
(聞き取り後に、必要であれば郵送することとなります)

やはり素人判断では難しい点もありますし、体調面でもキツいところもありますので、非常に助かりました。訴訟となったら、ズレがあってもいけませんし。
案の定なのですが、文体から、むしろ元気そうに見えてしまう物もありますので…うまく抜粋してくださるそうです。

私から友人へ相談したことで、苛めがあったり、他の社員からも相談があったことの裏付け。という捉え方になるそうです。

あと、聞き取りの際に、会社からは「取り下げろ」と脅されていることも、先生がしてくださっている反論に対する反論も、もうその場で伝えたほうが良い。とのことでした。
仕事が終わってないのに帰っていた。等に対する反論になりますね。

また、いよいよ訴訟なるのかと、一番心配していた会社対応のほうについては、先生としても、相手の事務所自体があまり労働問題をわかっていない印象が強いようでして(素人のわたしでも、感じるレベルの反論文です)、

普通なら、相手もベテランが出てくれば、だいたいこのへんで折り合いつけるのがお互いベストで、まとまるんですけどね…もう少し、こちらは交渉で通してみます。とのことでした。

少し拍子抜けではありますが、先生は労働問題を得意分野とされていますし、先生を信じて、もう少し待ってみます。

仮に今から提訴するとなっても、すでに労災を申請しているならば、裁判所側も、どちらにせよ労災の結果を待ってから…ということになることが多いそうです。

皆さまとの情報共有のためにも、書かせていただきますね。

度々すみませんが、以上、ご報告まで。
いつもありがとうございます。また進展がありましたらご報告させていただきます。
32:魚類super:

2017/05/18 (Thu) 13:29:48

舞さん こんにちは。

とりあえず提訴にはならなかったのですね。

クリニックが閉院とのことですが、私の弁護士は病院カルテの写しも証拠書類として裁判所に提出しました。

これは代理人が取得することができないようなので、将来使うか使わないかは別として、
Dr.に相談して閉院前に取得しておいた方が良いかもしれません。
33::

2017/05/18 (Thu) 14:16:14

魚類superさん

ご助言ありがとうございます。
昨日打ち合わせが終わってから、わたしも、ふと気づいたのですが
当方としては傷病手当の申請延長を要求していることになるのですが、もともと会社側から定められていた期間が2月下旬頃まででして

まだ交渉が終わっていないことで、3月以降の傷病手当の記入についてはお願いしていなかったのですが
(2月分も、正確には月末までにはならない予定だったのですが、弁護士の先生のご指示のもと、月末までと記載していただいたところ、案の定、会社側から送り返されそうになり、現在も弁護士の先生の手元にあります)

やはり、今のうちにもらっておいたほうがよいのかな?と思いまして。

昨夜、弁護士の先生に確認したところ、やはり将来的に会社が申請を認めた場合のために、今のうちに3~5月ぶんの記載をお願いしたほうがよい。ということで、どちらにせよ来週の聞き取りが無事に済みましたら、もう一度、最後に通院しようと思っていたところです。今月末で閉鎖されるとのことでして。

その際、念のため、一緒にカルテもコピーいただいてきますね。
(紹介状なしで、自分で探した病院に行く場合には、処方箋のコピーを持って行け。と言われ、ひとまずこちらはいただいてあります)

突然のことで、このあとの転医先も考えなければならないのですが、先生の紹介状を持って紹介先に行くとなると、やや遠く……近場で探すか悩み中です。いままでが、近すぎたんですけどね(^^;
金太郎さんのように、労災に非協力的なお医者さまだと困りますし……事前に問い合わせをし、現状をお話ししてご理解いただけるようだったら、行こうと思っています。
これも、次回までに考えて、もし紹介状が必要だと思えば、閉まるまでに書いていただくつもりではいました。 

いまの先生の勧めで、自立支援も数ヵ月前に申請したばかりだったのですが、こちらについても、通院先を変える手続き等が生じることとなり…次の医院選びを失敗すると、また申請し直しということになりますし…何だか、やることが山積みになってしまいました。

いまの主治医は完全に引退なさるとのことですし、病院も引き継ぎ手が見つからず、やむなく閉鎖されるとのことですので、このあと先生と連絡をとることはできなくなるかと思います。余談ですが、受付のお姉さんも、美人で優しかったので、愛着があり残念です。

ご親切にありがとうございます。
まずは、とにかく来週あたまの聞き取りを頑張ってきます。

メモなど、漏れがないように、しっかり持参し、頭にも叩き込みます。

また何か思い出したことなどありましたら、お教えいただければ幸いです。

前回、書きそびれてしまったのですが、労基所で、仮の陳述書らしきものが出来上がっているとまでは存じ上げていませんでした。感謝しております。
34:金太郎 :

2017/05/19 (Fri) 01:21:59

舞さんへ

傷病手当を止められるということですが、現在はまだ在職していることになっているのですね。
労災申請をするのであれば、傷病手当を止めると脅すのはやり方がえげつないし、とんでもない会社ですね。
傷病手当を止めるということは解雇にするということなのでしょうか?
それとも健康保険の資格を喪失させるのでしょうか?

こういった行為も許される行為ではないと思います。
傷病手当は健康保険に加入していれば、被保険者が受けれる制度なのに会社がそれを脅しに使うなんて滅茶苦茶ですね。
弁護士さんが何とかしてくれるとは思いますが、えげつないですね。

あと、通っていた医院が閉院するとはびっくりですね。
良い先生だとおっしゃっていただけに残念です。
こんな大変な状況なのに新たな医院探しまでしないといけないとは…。
やらないといけないことが増えて大変だとは思います。
代わりの良い医院が見つかることをお祈りします。

弁護士さんも良い弁護士さんですよね。
社労士さんが担当されているといっていた労災のことまで色々と気にかけてくれて助かりますね。
ここまでして下さっているからきっと良い方向に向かうはずです。

来週の聞き取り調査、陰ながら応援しています。


最後に…
銀座でよくスカウトされるなんてすごいですね。
地方に住んでいる私からしたら銀座という場所もすごいし、よくスカウトされるというのもすごいと思ってしまいます。
それに某海外女優なんて・・・、別世界の話のようです。





魚類superさんへ

カルテの件とか教えて頂き、ありがとうございます。
私はそんな経験がなかったので思いつきませんでした。

労災申請の際に労基署がカルテを取り寄せていたようで聞き取り調査の際にカルテを見ながら話をしていたのを思い出しました。
それにカルテも裁判することになったら証拠になりますしね。

こういった情報も当掲示板を見ている方の参考になるはずですので助かります。

魚類superさんもそろそろ労災の結果が出る日が近づいているのではないでしょうか?(来月あたり?)
認定されると良いですね。

魚類superさんの件が良い方向に向かうよう陰ながら応援しています。

35::

2017/05/19 (Fri) 14:34:25

金太郎さん
いつもありがとうございます。また長文になってしまいますが失礼します。

わたしの場合、もともと会社では、私病の休養期間が定められおり、それを過ぎると自然退職になるとのことだったのですが
その間に、問題児に指導するどころか新たなターゲットに苛めを繰り返していて、とても戻れるような環境とは思えなかったことと

休養期間満了が近づいたところ、それまでは労災申請に協力的だった窓口のかたも、コロッと態度が変わりまして(会社の指示でしょうから仕方ないとは思いますが)
「労災申請しても異議申し立てます」などと返答が一変し、ますます心身ともに不安定になってしまいました。

よって、そのあたりから本格的に先生に相談して、あとの流れはほぼお任せしていますが
当方としては「体調不良は、安全配慮義務を怠った会社に原因があり、解雇無効(問題児の様々な嫌がらせも不法行為に当たる)」を主張しております。
そのため、会社に籍があるのかどうかも現在争っている状況です。ですので、そのあたりも関係していて、先生としては、なるべく早めに結論は出したほうがよいとのことなのですが……
保険証については、先生に確認し、使用しております。


また、夜のお仕事については、これは女性ならではの特権なのですが……収入をあやふやに出来るという点で、最終的な手段としてですね。あ、わたしはそこまで取り立てて、誰が見ても美人というレベルではないですよ(^^;スタイルもチビッ子で普通ですし。似たいところは似ないものです笑

わたしも、もともと思っていた銀座のホステスのイメージとは、実際に求められる人物像はわりと異なるようでして(お店にもよると思いますが)、
ギャルギャルしいのではなく、お育ちが良く見え(←ここ重要です笑)、それなりの高学歴、きちんとした言葉遣いが出来るのは当たり前、という感じみたいです。

わたしは学費の高い大学に通っていたこともあり、大学時代にも、接客はしないのですが、夜絡みのバイトはしていたこともありまして、ブランクは長いのですが、さほど抵抗がなく。
銀座は敷居が高いと思っていたのですが、逆にそれなりの人しかいらっしゃらないので、変な客を相手にすることもなく、きちんとお給料も振込でいただけますし、いろんな意味で安全なんですよ。

もちろん、精神状態の良くないときに、接客をするのもあまり良くはないとは重々承知はしているのですが……
気分転換と、社会復帰として無理なく、と、金太郎さんのように頼れる家族もおりませんので(母にも、しばらくは手当で生活する。としか話していません)
自分でどうにかするしかない状況で、背に腹は変えられない、という感じですね。

やはり、傷病手当が出たとしても、それだけでは家賃と保険料等と最低限の生活費程度なので……
いまも何枚かは名刺をもらっているので、少し考えます。もちろん、週2くらいから始め、続けられそうだったら増やしていくのが理想ですが。
その前に、傷病手当だけでも決まればいいんですけどね。

実は、休養して1ヶ月くらいしてからも、「このままでは本当に駄目になる」という思いがあり、どちらかと言うと社会復帰の意味合いで、2ヶ月ほど、週3ほどスカウトいただいた所でやっていました(^^;
(そのときは、無理してまでやるつもりはなく、あまりお店が自分に合っていなかったために、早めに切り上げてしまいましたが)
それでも、傷病手当が出るまでにも時間がかなりかかりましたし、少し稼いでおいて良かったですが。

本当なら、その頃にさっさと労災申請しておけば、もっと早く結果が出たのになぁ、と自分でも思うのですが、当時はここまで拗れるとも思っていなかったので仕方ないです。

ちなみにですが、問題児は、自分なりの何かの基準で人を選ぶのか、初日だけは親切ぶっていたのですが、そのときに、夜の仕事に憧れているようなことも言っていまして……
もちろん、大っぴらに言うようなことではないので、経験があることは話してはいませんが、何か事件がある度に、心の中で「お前には、顔も知性も言葉遣いも、いろんな意味で無理だ。せいぜい場末のスナックくらいでしか無理」とボヤいて、どうにかやり過ごしていましたが、限界を迎えてしまいました。
(顔も、性格が普通なら至って「普通」で済む程度レベルの人なのですが、本当に底意地の悪いのが、私に言わせれば顔に出ていました。お偉いさんには、猫かぶりとボディタッチが激しい。と、前々から噂でしたが。わたしは、あくまで昼間の仕事ですから、昼間にそんなことはやりません)


そして、魚類superさんの結果が、そろそろ出るのかな?と、わたしも祈るしかできないのですが、良き方向に向かうように祈っている次第です。

わたしがお願いしている社労士の先生は、「1/3人しか認められていないというデータも、それぞれケースも異なるし、そこまで悲観することはない」とおっしゃっていました。

もしかしたら、専門家にお願いせずにご自分で申請されて、残念ながら失敗してしまう例もあるかもしれませんし……
とにかく祈るしかないのですが、またご報告お待ちしておりますね。

わたしも、ついに、あと3日です。
とにかく起きた出来事を、しっかり話してきますね。
36:K :

2017/05/19 (Fri) 16:05:45

舞さんへ

来週、労災の聞き取りなのですね。
十分に準備はされている様ですし、実績のある弁護士さん、社労士さんのお力添えで、
良い方向へ向かう事を応援してます。(遠い地方からですが。)


金太郎さんへ

傷病手当ですが、会社を退職する際に継続するにはどの様な手続きになりますか?
私は間もなく、最初の手続きの書類が会社から届く予定ですが、先日本社から問い合わせがあった
と聞いたのですが、また聞きなので詳細がわかりません。
そこで会社が了承すれば、私は退職したいので次月は有給を使い切る事を考えてます。
そうなると、傷病手当の申請は個人でするのでしょか。


こちらに書かせて頂きますが、弁護士さんの件は以前の法テラスでお世話になった方に
お願いしました。
私は労災は難しいと聞いていたので、損害賠償請求のお願いをしました。
再度、お話をしましたが面識もあったので良かったです。
1時間で¥10,800でしたが、やはり無料の時とは違いますね。

私は裁判するつもりはなかったのですが、常識的は損害賠償は裁判なんですね。
労災認定が無いなら、裁判は勝ち目が無いと思っていたので。
弁護士さんも、私の武器は日記が主で、その他メールになるので、当然裁判になると
相手側も弁護士を立てるので、事実だとしても跳ね除けられると言われました。
相談時間もギリギリのところで、調停にする事にしました。

金太郎さんがお話しされている通り、音声や録画等が有力との事ですね。
弁護士さん曰く、調停員の心情もあるので調停も良いのではとお話し頂きました。
私は会社と弁護士さんが、話すのかなぁと頼り過ぎました。

取り敢えず、資金面で法テラス支援の申請をします。
私は20年近く勤続してきました。今回、調停申請はしますが、それなりにお世話になった
方々ですが仕方ありません。変わる人間も、変わらない人間も居ます。
自分では会社起因のうつ病と考えているので、復職しても治癒しないと思います。
それに出る杭は打たれる感じもありました。私も背に腹は変えられませんから戦います。
弁護士さんに、損害賠償請求の内容はお願いしました。
逸失利益として、退職して私の年齢では同職種での正社員は無理ですし、退職金の査定も含め
て頂けると助かりますが分かりません。

皆さんが、心身とも明るい方向へ行けます様に。




37:魚類super:

2017/05/19 (Fri) 16:14:10

金太郎さん 舞さん こんにちは。

先ほど会社から郵便物が届き開封したところ、
「7月中旬で病気休職期間が切れるので、復帰できるのかできないのかを含め、会社指定様式の診断書に
主治医の記載を求める」というものでした。

今は月末に1回程度の通院なのと、労災認定された場合は休職扱いは取り消しとなり、診断書を取るのが
無駄になってしまうことから、先ほど労基署に事情を説明した上で現在の状況を電話で聞いてみました。

既に担当者の手から離れて、「上部期間で最終審議をしているので具体的にはいつ、というのは
まだわからないが、6月入ってすぐ位になるのでは?」
と言っていました。

まぁ確かに申請したのが12月中旬だったので、ギリギリ半年切っているのでそれでも早い部類に入るのかもしれません…

30日に通院なので、その前日である29日に労基署から電話をもらい最新情報を教えてもらえることになりました。
「多分今日よりはもっと具体的なものが見えると思う」とのことでした。


皆様とお会いしたこともないのに、更には体調もすぐれない中お気にかけていただき、
本当にありがたいです。
ありがとうございます。
38::

2017/05/19 (Fri) 21:14:20

Kさん、魚類superさん

こちらこそ、皆さまも大変なときにありがとうございます。

聞き取りについては、まだ心の準備ができていないのですが、どうせニート状態ですし、思い出すのも辛いのですが、先生方に提出した、なかなか滅茶苦茶なメモや、友人とのメールやLINEのやりとりを出力したもの等(自宅にプリンタがないもので、実家で作業してきました)
を眺めて、伝えそびれのないように備えたいと思います。

Kさんは20年も勤められたとのことで、わたしとは違い、とてもご立派だと思いますが、残念ですね……
わたしも、怨みはない人もいましたが、ここまできたら、もう仕方ないと割り切っています。見て見ぬふりをしていた人も、結局戒めもしない人たちも、同罪ですから。

また、弁護士の先生がぶじに決まったとのこと、本当に良かったです。わたしも法テラスを通しますし、わたしの先生も、法テラスについては否定的ではありませんでしたよ。

傷病手当については、とにかく退職最終日には、挨拶回りだけだとしても、出勤しないほうがよいはずですが……(万が一、「出勤」扱いにされてしまうと傷病手当申請ができなくなってしまうため)
有給も、その日だけは使わないほうが良いのかもしれないですね。
退職後の申請については、会社を通さずできるようになるはずですが、退職前に、一度は判をもらう必要があったかもしれません。
弁護士の先生に、諸々ご確認されたほうがよろしいかと思います。


魚類superさん
結果がいよいよ見えるところまできているのですね。わたしも、年末に動いていれば、同じ時期に出ていたかもしれないのですが……
やはり、なんとなくの進行状況くらいは教えていただけるのですね。
わたしの弁護士の先生も「感触だけでも教えてもらえるものなのか、社労士の先生に聞いてみて」と、おっしゃっていました。
必ずしも教えてもらえるとは限らない。という返答でしたが……
弁護士の先生としては、労災申請が思わしくなかった場合のことも、考えてくださっているようです。通りそうにない場合、慰謝料を求めるかどうか等の条件を添えての交渉か訴訟になるのだと思います。

また、退職勧奨のスレのほうで書き込みがあった、まあさんからメールをいただいていました。少し前に、わたしの先生と面談されてきたそうです。わたしと同じ日だったかもしれません笑
いくつか今後の策についてはご提案はいただいたそうで、ひとまず、とても満足されたようです。こちらもご報告させていただきますね。


自分も含め、皆さまそれぞれ大変な状況だと思いますが、お互い支え合って乗り越えていきましょうね。
39:魚類super:

2017/05/19 (Fri) 23:35:08

こんばんは。

Kさん

弁護士先生が見つかったとのこと、良かったです。
逸失利益については会社に残るのか否かで算定根拠が変わってくるはずですが、
弁護士さんが計算して額を教えてくれると思います。

今回は訴訟ではなく調停を利用される方針とのことですが、裁判所が絡む調停は家事調停しか経験がないのでわかりませんが、
基本的には合意できなければ不成立または審判になるのかな?
と思ったところです。

お互いが条件に合意して成立できれば一番良いのだろうと思うのですが、不成立及び審判になった時の見通しについて
弁護士先生に一度確認してみてはいかがでしょうか。


舞さん

自分の労災申請については解任した弁護士の元で動いたので、今はこの件について一切代理人がいない状態です。
(とは言っても、「これは自分でやるもんだから、全て自分で動きなさい」とその弁護士から言われておりました)
なので、自分が労基署に直電してもある程度教えてくれるのかもしれませんが、それよりも最近こういった事案が
社会問題化していますから、労基署も丁寧に応対してくれているのかなぁ、と感じることがあります。

また、まあさん最近書き込みがなかったので気になっていましたが、少し動きがあったのなら良かったです。
舞さんの書き込みに私含め元気付けられている方も多いと思いますが、いよいよ週明け本人聞き取りとのことですから、
ご無理なさらずご自愛ください。
40:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 00:30:53

五月雨式に失礼します

舞さん

労災が思わしくなかった時のことについて忘れておりましたので少し記述しますね。


今の弁護士がかなり前に言っていたことです。
一度不支給決定がなされるとかなり厳しいようですが、その後
(記憶が曖昧)
再審請求?(確か労働局に対して行う)→不服申し立て?(裁判)
の手段があり、一応残り2回チャンスがあると聞きました。

実際そこまで自分がやれるか?と言われれば、そこまでの気力は出ないと思います。
でも悪い結果だった場合は、一度相談してみようと思います。

また、申請してからの調査内容の開示請求ができると書いてあるHPを見たことがあります。
数年前までは、開示されても世間を賑わしている森●問題のように、テレビでよく見る黒塗りだらけの
いわゆる「のり弁」というものが出されていたそうですが、最近は黒塗りにしないで出してくれるようです。
41:金太郎 :

2017/05/20 (Sat) 02:09:14

舞さんへ

こちらこそいつもありがとうございます。

在職中かどうかも争っている最中だったのですね。
それにしても会社の窓口の方も面白いですよね。
あとからコロッと態度が変わったとはいえ「労災申請に協力的だった」とは!?
だいたい会社は嫌がるはずなのに…。

強烈な問題児さんを野放しにするなんて、本当に会社の安全配慮義務違反ですね。
問題児さんがどれくらい強烈なのかお会いしてみたいくらいです…。
舞さんの問題児に対する気持ちが文面からひしひしと伝わってきます。


銀座はやはり高級だと聞きますし上品な感じなのですね。
舞さんは良い大学に通っていたようですし、そういった雰囲気がにじみ出てるのでしょうね。
スカウトされるようですから見る人が見ればわかるのでしょうね。すごいと思います。
一回くらいは銀座に行って飲んでみたいなぁ。

銀座の話は置いといて…、来週の聞き取り調査、うまくいくよう応援しています。

42:金太郎 :

2017/05/20 (Sat) 02:38:35

Kさんへ

弁護士さんが見つかったようで良かったです。
ホッとしました。

さて、傷病手当の質問ですが、退職後も傷病手当を受給するには条件があります。
条件が満たされていれば、退職後も受給することが出来ます。

そのことを書いていたのですが、長くなってしまったので当ブログの記事にしてみました。
ブログに来てくれた方の役にも立つかと思いまして…。

退職後の傷病手当の申請については以下のブログ記事をご覧ください。
http://kintarokinki.blog.fc2.com/blog-entry-360.html


あと、「会社が了承すれば、私は退職したい」という話ですが、どうなんでしょう…?

以下は私の個人的な考えですので弁護士さんとも相談してみて下さいね。

会社との戦いについてですが…
辞めること前提であっても、辞めてやるから金を出せ、とかいっても素直に応じる可能性は低いと思うんです。
ですから、働き続けたい気持ちはあるんだけど、「会社からのパワハラが不当だ!」、「労働条件の不利益変更が無効だ!」、「会社のせいで精神障害を発症した」と争いつつ、条件次第では退職に応じる、というような交渉になっていくと思うんです。
その交渉をあっせんでやるのか、団体交渉でやるのか、裁判でやるのか、調停でやるのかというのが会社との戦いの基本的な考えだと思うんです。

ですから、「退職したい」と会社から了承をもらうためにこちらから言うのはどうなんだろう?と読んでいて思いました。
あくまで私自身の考えなので弁護士さんに相談して下さいね。
弁護士さんに相談した上での話だったらごめんなさいです。


あと、調停のことですが、私も調停で和解して退職しました。

当ブログの過去記事に調停のことを書いていますので読んでいないのであれば参考までに・・・
調停のブログ記事はこちら⇒http://kintarokinki.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

あと、調停では裁判官と調停員の方と個室で話をするのですが、会社側と労働者側が交互に個室に呼ばれて話をします。
個室では裁判官と調停員としか話をしないですし、弁護士さんがほとんど話をしてくれます。
それに会社側の人間とは顔を合わすこともありませんでした。
だから、それほど負担にはならないと思いますよ。

弁護士さんも決まったようですし、今後、良い方向に向かいそうですね。
陰ながら応援しています!
43:金太郎 :

2017/05/20 (Sat) 03:30:03

魚類superさんへ

6月初めには結果が出そうということなんですね。
労災の審査期間について詳し訳ではないですが、早い方なのではないでしょうか…。
良かったですね。

ただ、結果がどうなのか心配ですよね。

再審査請求のことを書いてくれていましたが、私も労災の結果が出るまで不安で再審査請求のことを考えました。
再審査請求、裁判などを経て何年かかかって労災認定された方もいるようですからね。
その時は「さすがに何年もかけて労災申請することは出来ない」と思いましたが…。

魚類superさんの結果が良い方向に向かうよう応援しています。

44:金太郎 :

2017/05/20 (Sat) 03:32:41

舞さんへ

まあさんの報告ありがとうございます。
まあさんは書き込みすることすら困難とおっしゃってましたからずっと気になっていました。

舞さんの弁護士さんが相談に乗ってくれたようで良かったです。

いつもいつもありがとうございます。
45::

2017/05/20 (Sat) 09:41:08

皆さま、書き込みいただき、ありがとうございます。
こちらで皆さまから一言いただけるだけでも、本当に心の支えとなります。

わたしも添えそびれてしまったのですが、たしかに、こちらから退職する意志は伝えないほうがよいですよね……わたしもそうしてきました。
たとえ内心そう思っていたとしても、ですよね。わたしも、内心はもう辞める方向でよいのだけど、上手く辞めたい。という前提で、先生にご相談させていただきました。

また、再審についても、一応頭にはあったのですが、二度できるとは存じておりませんでした。
わたしの社労士の先生のほうも、「とにかく、あなたが直接話すことが大事」と、とくに申立書にも、代理人の名前を入れても意味がないそうで、あくまで作成だけしていただき、私の名前のみで提出してあります。出来たものを見たら、わたしの場合は元々不眠症もあることから、それについても言及していただいており、とても自分では作成できる書面ではなかった、と思いました。
聞き取りで、嘘は吐きませんが、多少オーバーでも、きちんと伝わるように話すべきかなぁ、なんて考えてはいます。その場の雰囲気次第なところもありますが。

また、まあさんの件については、個人のことなので詳細は控えますが、辞める場合と続ける場合、2通りの提案をしていただき、先生もみっちりメモを取ってくださっていたそうです。まあさんも、ご友人等に相談し、考えてみるとのことです。
ただ、これもわたし個人の意見ですが、まあさんは、とても責任感が強い方のようでして……決断をするのも難しい状態だとは思うのですが、あまり無理をして再起不能になる前に、先生を入れるか否かは別として、どうにかした方がよいのではないかと思ってしまいます。
わたしにメールをするのも精一杯、といった様子がかなり見て取れますので……。わたしは休養してしばらく経つので、まだ多少マシな状態になってきたのかもしれませんが。
思っていたより、初回の聞き取りが早く、少し安心しております。あまり記憶が薄れても、臨場感が伝わらない気がしますから。

また、調停だと、会社側の人とは会わずに済むとのこと、存じておりませんでした。金太郎さん、ありがとうございます。個室で、三者間で顔を合わせて話さなければいけないのかと思っていました。

魚類superさんの労災の結果ですが、もし自分がはかばかしくないものだと報告しにくい気持ちもわかるので、何とも申し上げにくいのですが……ともかく良き方向に向かうよう祈っております。
わたしも、さすがに何年もかけて……とまではいかないなぁという、金太郎さんのお気持ちはわかります。そこまで貯蓄もありませんし……
わたしも、もしそうなった場合は、仕方なく、会社と何らかの方法で折り合いをつけていただき、バイトでもしながら再就職先を探すことになるかと思います。
万が一、再審となった場合も、もちろん我々で良ければ、こちらでお話ししてくださいね。
46:K :

2017/05/20 (Sat) 09:49:35

金太郎さん、舞さん、魚類superさん

皆さん、いつもありがとうございます。

金太郎さん、傷病手当の件ありがとうございます。

「そこで会社が了承すれば、私は退職したいので次月は有給を使い切る事を考えてます。」

すみません、言葉が退職ありきでした。現在、有給休暇は1ヶ月分の出勤分はあるので、
傷病手当より、先に有給消化したいと考えてます。
そこで、会社は了承するかなと思いました。
ですが、来月に弁護士さんが対応してくれる段階になったら、弁護士さんに話して頂くのも
出来るのかなと考えてます。

調停については、金太郎さんのおっしゃる通りですね。
「会社の過失で発病し、ついては病状増悪に至り休職となり働きたくても、働けなくなった。」
弁護士さんも十分にお分かりかと思いますが、相談の際に伝え、確認します。


実は私、調停経験あります。
自分で内容証明を作成及び発送、裁判所で調停申請の手続きをした事があります。
相手側を裁判所の玄関で見かける事や、トイレ付近でのニアミスもありました。
最後には時間が掛り過ぎたのか、直接相手側と交渉する事になりました。

今回はどうなるか分かりませんが、弁護士さんも居て下さるので、
助言を頂きながら対応していこうと思います。
退職したいと私の顔に出ない様にしますね。絶対、言葉には出さない様気を付けます!!
調停和解が出来れば良いのですが、落としどころがあれば良いと思ってます。
47:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 10:00:39

おはようございます。

私の労災申請の結果につきましては、どっちに転んでもここでお知らせしたいと思っております。


不支給となった際に再審請求するかは、今の弁護士と相談してみてどうするか考えると思いますが、
審査内容の開示請求は行うつもりでおります。
48:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 10:20:37

労災申請についてお役に立つかわかりませんが、
こんな資料が公開されていたのでリンク貼っておきます。

400頁超ありますが…

http://www.joshrc.org/~open/files2011/20120330-001.pdf
49::

2017/05/20 (Sat) 10:32:58

Kさん。すみません、レスが入れ違いだったようです。
相手方とすれ違ってしまうこともあるのですね。
わたしの場合は、調停なのかどうかは、まだわかりませんし、訴訟となった場合には、会社側が誰と誰が出てくるのか……?と、ちょっとわからないところもあります。

が、目付きの悪い一重ブスと遭遇してしまうのは、正直勘弁願いたいところです……本当に、いつも粗捜しをしようとしているようで、ずっと睨まれていたもので……(決して、一重の方をブスだと思っているわけではありません。一重でも美人な方や、個性のある素敵な女性もいますし)

ちなみに、親切だった初日に「自分で起業もしているのでぇ。バイト形態でいいんですぅ」などとも言っていたのですが、後日、他の方に聞いたところ、起業というのは、アム○ェイでした……
それで「起業」と呼ぶのも笑ってしまう話ですし、あのようなネズミ講紛いのものをしている時点で、実力もないのに自信だけはあるように振る舞ったり、どのような性格かは……皆さまのご想像にお任せします……


魚類superさん
ありがとうございます。わたしも今後の参考になりますし、そうしていただけると非常に助かります。


また、わたしも五月雨で申し訳ありませんが、
当初は労災申請に協力的だった。という話ですが

わたしが属しているのは、正式には東京支社で、本社は別の地域にあるんですね。
直属の上司や、実質、人事を取り仕切っている、私の採用担当者などに、傷病手当申請したいという旨と「タイムカードのコピーをくれ。起き上がれず風呂にも何日も入れない状態だから、一日でも早く手続きをして、しばらく実家に帰りたい」と再三連絡をしていたのですが、3週間もしてから、ようやく傷病手当の用紙だけは送ってくれたものの、タイムカードについてはスルーでした。

そのあたりで、ちょうど、本社の方から、「欠勤が響き、来月の給与はとても少なくなります」といったメールが着たもので、そこで、こちらももう、なりふりかまっていられず、

東京支社の現状を本社の方に知っていただくよい機会ですね。と、実名を挙げての苛めや、対応してくださらない等、伝えたところ、本社の方が、タイムカードを送ってくださいました。

また、その後は、途中からは探りの意味もあったかもしれませんが、
その後、労基への相談状況はいかがでしょうか? や(とても労基まで行ける状態でもなかったため、まだ何もできずにいました)

傷病手当にするか労災にするのか決めましたか?と、何度も聞かれていた形です。

最終的に、休養期間満了が近づいたところ、態度が一変、という感じでした。
ですので、もう本社の方も誰も信じられなくなり、弁護士を入れることを本格的に考えた次第です。
50:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 13:18:11

舞さんこんにちは。

調停は私も相手方と帰宅時に鉢合わせになりそうな時がありました。


訴訟についてですが、おそらく弁護士を立ててということになると思いますが、法廷への本人の出席は
求められません。
本人尋問の時か、自分で傍聴に行く
位しかないようです。
本人尋問は裁判結審間近で行われるようです。裁判は1年程度かかると言われていますので、
私も呼ばれることがあれば、来年の始めあたりなのでしょう。

また、相手方も代理人を立てると思いますので、いきなり会社の誰かが出てくることはあまりないのかと。

もし調停となった場合でも、代理人を立てていれば代理人だけが出席すれば大丈夫だと思います。
ただし、裁判と違って本人が出席して説明した方が良いと言われる時もありますので、その際は
相手方と会わないよう裁判所側に配慮を求めることができるはずです。
51:K :

2017/05/20 (Sat) 15:48:17

舞さんへ

こんにちは。
私は会社の人や取引先の人にも、二度と会いたくないですね。
今でも週1回位は、電話があります。(仕事の件と状況探りな感じです。)
今後、引継ぎを依頼されても会社へは行きたくないし、誰にも会いたくないので断りたいです。
社内的な業務は本社で指導を受ければ良いと思いますし、その他の客先や下請け関係は、
後任の方には悪いので、連絡があれば対応したいと思ってます。(電話のみ)

調停を行うに際し、会社に内容証明が届いた時にどの様な対応に出で来るか非常に興味があります。
大きな会社ではありませんし、以前うつ病の方が居たと聞いた事はありますが、
詳細は閉じられています。
労基法、社内安全対策室と役員会議になるのか。いづれにしても金銭が絡むので社長決済。



魚類superさんへ

こんにちは。体調は如何ですか。
いつも細かい所まで、ご教授頂きありがとうございます。
待つと言う時間は健常者以上に、心身共に辛いかと存じます。
魚類superさんは、復職されるのですね。
私も皆さんと一緒に、労災認定をお祈りさせて頂きます。




52:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 21:51:22

Kさん
こんばんは。
お気遣いいただきありがとうございます。

おかげさまで最近は体調安定してます。
たまに眠れない時もありますが、昔月10日近く全く夜寝られない一昼夜勤務をしていたこともあるので、
眠れないことはさほど苦にはならないです。

金太郎さんのブログでもありましたが、認められなかったらどうしようという気持ちはあります。
私は持ち家を別居中の嫁に取られてしまい、住んでいないのに住宅ローンや固定資産税などを払いつつ、
今の賃貸の家賃を払っているという二重生活をしているので、正直金銭的不安があります。

でも、今悶々と考えたところで事態が好転するわけではないので、来るべき時を待ち、その時の結果を受け入れる
というか、まともに受け止めたらまた精神的に病みそうなので受け流すというか(笑)
その覚悟はできているつもりです。


復職についてですが、私も最初は辞めるつもりでおりました。
前の弁護士からも、そんな会社辞めちまえと言われていました。
でも、次第にここで辞めて裁判したところで、当時の弁護士が言っていた、退職までの逸失利益が得られることはないと
気づきました。
それが認められるような世の中でもないし、認められたら私はもう働かなくて余生を過ごせてしまうことにもなってしまうので、
そんなうまい話あるわけないと思うようになりました。

そんな中、前の弁護士と連絡が次第に取れなくなり、特に何もしてくれることもなく数ヶ月経過し、幸いなことに今の弁護士と
出会い、証拠書類として過去1年分の給与明細を用意しろと言われ渡したところ、
「これは絶対辞めちゃいかん。今後の処遇も含め裁判で争うから、絶対に辞めるな」
と言ってくれたのが大きかったです。

従事していた仕事は好きでしたが、会社は大嫌いです(笑)
そして、復職したところで前の職に戻れるとは思っておりません。
平気で報復してくるので。

以前少し記載したことがありますが、所属する会社は世に知れ渡っている重大プロジェクトにものすごく金がかかるので、
私のような営業フロントマンが首切り対象になっています。

でも、会社に意地でも残って自分の人件費だけは削減させてやるものかと、今は仕返ししてやろうと言う気持ちが強いです。
53::

2017/05/20 (Sat) 22:18:26

Kさん、魚類superさん

ありがとうございます。
今日明日で、滅茶苦茶なメモも、できる限りきれいに順を追って書き直そうと思っていたのですが、ひさびさに昼間に眠り込んでしまいました……
前回また、不眠が続きすぎて熱を出したあとは、わりと健康的な生活を送れており、聞き取りまで、このペースがたもてればいいな…と思っていたのですが。

わたしは日記をつけていたわけではなく、複数の友人や、以前の仕事で一緒だった元同僚男子(お互い、ブラック企業には見切りをつけて転職しており、ブラック企業に対しては理解があります。今回は、別の意味でのブラックでしたが)等に相談していた記録から、おもな事件のあった日付や内容を、先生に相談する際に書き出しました。

相談した相手により、「この人にしか言ってなかった」ということもポロポロ出てきて、もうぐじゃぐじゃです。

そのためにも、時系列を追って、相談相手別に記録をまとめました。

わたしの場合は、「同僚とのトラブル」に焦点を絞ることとなるようで(他にも問題はなくはなかったのですが)

言葉にすると、やられていることが、まるで子供の苛めのようですから(そのあとにターゲットにされた派遣の方もおっしゃっていました)
上手く話さないと、果たしてこれが「強」になるかどうかと、既往症にならないかが、不安な点です。
社労士の先生からも、既往歴についても、とにかく今までの不眠症とは症状がかなり異なる。と主張しなさいとのことです。

問題児は、体は凹凸もないのですが、むしろわたしよりガリガリで細いのですが、わざと私の後ろを歩くときだけドスドスと、大きな足音を立てて歩いたり、最低限の挨拶はしていましたが、上司のいないときには完全無視が通常運転です。

そして、残念なことにお顔もエラがすごくて……本当に態度だけはデカいのが顔に出ているなぁ、という感じなのですが、たまに外出した際に、似たようなフォルムの人を見ると、萎縮してしまう程度には、まだまだ病まされております…
まだあまり実感がない状態ですが、明日まで猶予がありますので、ご相談させてください。
わたしも、聞き取り直前で、少し乱文がひどくなってきましたが申し訳ありません。

魚類superさんが、もし再審となった場合も、お教えいただければ幸いです。
いつも本当にありがとうございます。
54:魚類super:

2017/05/20 (Sat) 22:52:02

舞さん

私は何もしておりませんよ。
逃げも隠れもしませんので、結果は必ずお知らせいたします。


それよりも、お礼は金太郎さんへ・・・
このような境遇の人が情報交換できる場はきっとここしかないはずです。
55:金太郎 :

2017/05/21 (Sun) 13:04:56

皆さんへ

色々と書き込みありがとうございます。
申し訳ないのですが書き込みの数が増えたので表示される数を減らしました。


会社と戦うというのは大変なことですよね。

私が会社とトラブルになった始まりは社長と揉めてからです。それから嫌がらせを受けるようになりました。
そのうち周囲の同僚たちも社長に同調し、距離を置くようになってしまい孤立しました。

当初は・・・
「なんでこんな風になったんだろう・・・、私が悪かったのかなぁ・・・」
「社長にあんなことを言わなかった方が良かったのか?」
「さっさと辞めて早く別の仕事を探した方が良い」
と思っていました。

しかし、途中から考えが変わりました。

「ここで辞めたら会社の思うつぼ。辞めたところで会社内ではただの問題児にされて終わり。笑いものにされる。」

その後・・・
「私はそれなりの仕事をしてきたつもりだし、会社にとって悪いことをした訳ではない。」
「ただ、社長が私のことを気に入らなくなっただけで解雇されるようなことはしていない。」
という気持ちになり、我慢しながら勤務を継続していました。

辞めたら関わることのない世界(会社)ですが、その世界で笑いものにされるのは許せない!悪いのは、社長(会社)の方だ!
それに辞めてしまうということは会社が喜ぶことだから絶対に辞めない!

魚類superさんも書かれていましたが、みなさんも同じような気持ちを持っていると思います。

そう思っている方々が当ブログに集まってくれたのだと思っています。
この掲示板が出来る前に当ブログへメッセージをくれた方たちも同じような気持ちを持った方たちでした。

はっきり言って気に入らないというのは、程度の低い話なんです。
例えるなら「あいつがいつも被っている帽子の色が嫌い」、「髪型が嫌い」とかそういった類と変わらない程度の低い話なんです。
業務に関係のない話なんです。

犯罪行為を起こした等なら解雇されても仕方ありません。

しかし、その程度の低い考えしか出来ない人間に何で人生を左右されないといけないのか!
私の場合、家族も居ましたでの一家で路頭に迷うことになります。

今は不景気だと言われていますから、辞めたところですんなりと仕事が見つかることはありません。
それに勤務が長く給料が高くなっていれば尚更ですが、仕事はあってもこれまでより収入が下がってしまうこともあります。

つまり会社は人の人生を滅茶苦茶にしようとしている訳です。
大げさに言えば、家族を含めて殺しに来ているようなものです。

そんなことされて黙っていられますか?

相手は殺しに来ている訳ですから、こちらもそれなりの覚悟を持ってかからないといけません。
人の人生を潰す代償は小さくないはずです!

簡単に人生を潰されてしまったら、今後も被害者が続出します。
そうならない為にもやるしかありません。

長々と書いてきましたが、皆さんで情報交換をし励まし合いながらやっていくことで何かが変わるはずです。
暗い未来にはしたくありません。

皆さんの未来が明るくなることをお祈り申し上げます。





舞さんへ
いよいよ明日ですね。
緊張しているかと思いますが、会社の問題児と違って労基署の担当者は常識人ですので安心して話をしてきて下さいね。
きっと担当者の方も舞さんの気持ち、状況をわかってくれるはずです。



魚類superさん
お礼なんて、そんな…。ありがとうございます。
私は会社と戦っているときに周囲の同僚たちに距離を置かれ相談する人も少なく孤独な思いをしました。
とにかく会社と戦った経験をされた方が少ないですからね。
こういった掲示板があれば少しは気持ちが楽だったんじゃないかと思っていました。
そんな風に思っていただけたらありがたいです。
こちらこそ感謝しています。
あと、弁護士さんのいう通りだと思います。辞めてはいけないと思います。
辞めてから苦労している人間がここにいますから…。




Kさんへ
調停経験がおありなのですね。
皆さん、色々な経験がおありで…。

前回は生意気なことを書いて申し訳ありません。
弁護士さんもわかっているとは思いますよ。彼らはある意味、戦いのプロな訳ですから。

先ほども書きましたが、会社は殺し来ているようなもんです。
会社のために20年も尽くしてきたのに身体が壊れた途端に昇給がなくなり手当を半減させられ、最後には壊れた部品のように捨てようとする。
壊れた部品は捨ててしまって、その後その部品がどうなっても知らない…。壊れた部品を直そうともしない。
そんな酷い話はありますか?
また、会社から捨てる(解雇)と争うと負けてしまうので、自ら辞めるように仕向ける。(退職勧奨)
辞める理由がないのに辞めさせようとする。それも酷い話です。

うつ病を患ったままで今後の生活も大変です。
殺される代償は大きいですよ。
またまた生意気言ってすいません。
しかし、私はKさんの話をずっと聞いてKさんの会社に対してずっと腹が立ってついつい黙ってられませんでした。
(魚類superさんの地下室に閉じ込められて有休を勝手に消化も酷いですが…。)

あと、有休は使った方が良いですよね。
私も休職した頃まるまる40日の有休が残っていたので全て使い切りました。40日で約2か月分でした。
使わないと損ですからね。

56::

2017/05/21 (Sun) 19:36:00

金太郎さん、皆さまありがとうございます。
いよいよ明日です……わたしも、金太郎さんとまったく同じ思いです。
きっと母親などに言ったら、「そんなことしてないで、さっさと次を探しなさい」とでも言われそうなこともあって、実際に知り合いで相談している相手は限られているのですが……

わたしも30代ですので、最後の転職にしたい、と、最後の面談(二次まであり、最後は何度か電話で、採用担当者から打診がありました)で意志を伝え、会社からも「永く勤めてほしい」とのことで、入社を決めました。
このあと、傷病手当や労災がどうなるかはわかりませんが、体調が良くなり他所を探すとしても、年齢制限にも引っ掛かってきます。
それが、傷病手当も出さないとは、本当に、人一人の人生を滅茶苦茶にしている行為だと感じております。

少し過激な話ですが、あなた達の目の前で、会社のビルから飛び降りてでもしなければ労災が認められないのであれば、そうしようか、なんて思ってしまうことも度々ありました。

前に書きそびれていましたが、やはり今は電○の子の事件があった影響で、通りやすくはなってきている。と、今までの主治医もおっしゃっていました。

本当に、問題児は、金太郎さんのおっしゃる通り、どうでもいいことに、いちいち突っかかってくるんです。同じ業務を担当していることも一切ないので、関係もありません。
むしろ、彼女の仕事が終わらず、「手伝って」と上司に言われたことはありましたが、私は絶対に彼女なんかに、自分の取り零しなど回したくない、という思いもあり、きちんと時間内に終わらせてきました。

わたしの後にターゲットにされた方は、問題児と同じ業務を担当したこともあったそうですが、わざとスケジュール変更など、大事なことを知らせない。とのことでした。
やっていることが小学生レベルかそれ以下のことなのですが、クライアントに迷惑がかかってはいけないことなので、その方も、業務に支障が出る話だから。と、上司には申告したそうですが……

明日は、とにかくがんばってきます。金太郎さんをはじめ、皆さんのお陰で、1人よりはとても心強く感じています。


自分がこんな状況なので、ついでのようで、こちらのスレで申し訳ありませんが
まあさんにも、私の紹介した先生が真摯に対応してくださっているとのことで、ひとまず安堵しております。
私もメールで先にうかがってはいたのですが、頭痛外来ということは、たぶんデパスかな?と予想していたのですが、本当に無理だけはなさらないほうがいいですよね……
責任感がとてもお強いのだとは思いますが、今のお仕事をやり遂げてもやり遂げなくても、正直、会社との関係は変わらないと思います。残念ですが……辞めると決めたのなら、途中で放り出してしまっても、気にすることはないと思います。仕事については、何度も退職勧奨をしてくる会社がどうにかして責任を取るだけですから。
業務中に勧奨してくるくらいですから、あまり真面目になりすぎないほうがよいと、私個人的には思います。まあさんの心身の健康が一番です。

乱文ですみませんが、聞き取りが終わりましたら、またご報告に上がりますね。
57:魚類super:

2017/05/21 (Sun) 23:43:01

舞さん

明日は無理せず、自分の言葉で全てを語ってきてください。




実はちょっと気になることがありまして・・・

頭痛外来にはかかったことがないのですが、デパスを処方されるのですか?
私は十数年前に鬱になったときは、当時の医師がデパスを中心に処方していたのですが、
この薬依存性が高いそうで、自分はあまり依存性について感じなかったのですが、離脱が酷かったです。
確か吐き気が2ヶ月位続いた記憶があります。
当時、医師が減薬を進めなかったので自分の判断で断薬した影響が強く、適切な処方の下であれば
そこまでの症状は出なかったのかもしれません。

労災指定病院に転医する前の医師が、今はデパスよりも離脱症状が少なく良い薬があると言っていたので
デパスの離脱で苦しんだ小生としては、ちょっと気になったところです。
58::

2017/05/22 (Mon) 09:20:07

ありがとうございます。
取り急ぎ、薬の件ですが
私は医師でも薬剤師でもありませんので(学費が高い、というのは、また別分野の特種な大学に通っていたためです)
あくまで、ただの薬中としての回答になりますが

デパスは比較的、ただの偏頭痛や肩こりなどにも「緊張をほぐす」といったことで、内科などでも簡単に処方されることが多いと聞きます。
そのため、頭痛外来ではデパスではないか?と、私が勝手に推測したまでですので、ご本人に確認したわけではありません。

わたしはデパスは常用はしたことはないので、そこまでの依存や離脱については体感していないので、何とも言えませんが
(残念ながら、わたしにはさほど効果がなく、続けて飲むことはありませんでした……お恥ずかしながら、もっと強い薬を数種類飲んで、やっと寝ているか、それでも寝られない日もある状態です)

実際に私も、別件で「緊張性頭痛」と診断されたとき等、外科でも処方されたことも何度かあります。

あとは、実際に、周りで不眠やうつで薬を飲んでいる知り合いたちから個人的に聞いたところ、効く薬は、個人差はもちろん、わたしの主観ですが男女差もあるような気がします。

あくまで、わたしの周りだけですので、わかりませんが……
自分を含め、女性が「飲んでる」「効く」と言う薬は、男性には「効かなかった」と言われることが多く、その逆もしかりで、私には全く効かない物もありました。

また、私個人では、月の周期でも、効く薬が変わってきます。そのため数種類処方してもらっていて、今回の苛めによるうつ発症前は、寝つきの悪い状態とは、何とか付き合ってきていたのですが……

取り急ぎの回答ですみません。

またご報告します。
59:魚類super:

2017/05/22 (Mon) 09:40:41

舞さん

おはようございます。

男女差も効能に影響があるんですね。
勉強になりました。

丁寧にご説明いただきありがとうございます。

私はあの離脱をもう経験したくないので、2度と飲みたくない薬です(苦笑)
60::

2017/05/22 (Mon) 19:52:50

金太郎さん、皆さま、ご心配をおかけしたと思いますが、無事に聞き取りが終わりました。
私も、こちらでは個人情報を特定されてしまうこと以外については、包み隠さず報告させていただきますね。

まず、弁護士と社労士の両先生へご報告をしていたため、こちらでのご報告が遅くなりすみません。

事前にこちらで窺っていた通り、パソコンの入力に時間を要しており、結局私も約5時間近くかかりまして、途中で大きな休憩が一度ありました。
やはり、この間に文書を打っていたようですね。そちらの纏めと修正が主なようでした。

そこから、プリントアウトした物を私自身が確認し、何度か修正をしていただきました。
伝え漏れがあると感じた部分についても加筆していただき、判を押してきました。

皆さまに、聞き取りの流れについては教えていただいていましたので、そこまで挙動不審になることはありませんでした。

今後については、まず、大問題児が何故こういった馬鹿げた行為ばかりを繰り返すに至ったかを追求していくことになるそうです。

過去から未来においても、何度も苛めを繰り返しているということから、「私だから」「何か苛めが勃発するようなトラブルがあった」からではないと思う。ということは、聞き取りの最中で伝えました。
(問題言動の一部については、労基の方も思わず笑っていました…「理不尽じゃないですか」というコメントもありました)

また、唯一の裏づけとなる友人らとのやり取りですが、やはり社内で証言をしてくれる人となると難しいということも伝えてあり、労基の方たちも納得されていまして、出せる物は出してほしい。とのことでした。
こちらについては、やはり弁護士の先生にお願いしたところです。

余談ですが、ひきこもっていることが多いせいで、最近暑いなぁ…とは思っていたのですが、外に着ていくべき服も定まらず…といった状態でした。結果的に、今年初の半袖で、上着を持って出掛けましたが、日中はすでにかなり暑く、正解でした。帰りは、やはり少し寒いですね…

また、ペットボトルのお茶などが出てこず、湯飲みで熱いお茶が出てきたため(ペットボトルが出てくると、勝手に期待してしまっていました…社労士の先生の所でも戴けるので)
ペットボトルじゃない…と、内心ツッこんでしまいましたが、喉が乾いてしまうところで休憩となりました。
安価なペットボトルの自販機があったので、そこで購入しました。

今後については、大問題児をはじめ、会社関係者の聞き取りが行われた上で、労基の医師の判断などが入るようですので、どうなるかはわかりませんが
うつについては既往症ではないことや、数々の理不尽な出来事等、今のところは漏れなく伝えてはきました。

皆さまにご心配をおかけしていたと思いますので、以上、ご報告まで。
皆さまのおかげで、1人よりも、きちんと話せたとは思います。本当にありがとうございました。これから、相談していた友人へも、追って連絡を入れたいと思います。

魚類superさん
お薬については、元々不眠があったため、正直、医師より詳しい場合もよくありますが笑、あくまで私の個人的な見解です。
依存や離脱が辛いと感じるのは、私も別の薬では経験がありますのでわかります。(お恥ずかしながら、入眠剤については、依存が出ている自覚は、だいぶ前からあります…)

それと、以前、出された薬が合わなかったのか、日常生活を送っているときに、ふと頭の中でシャンシャンと音が鳴って、フラっとしてしまう薬もあり、それはさすがに服用をやめました。(アメリカでは、すでに使用が禁止されているものです。自殺願望を誘発するのが理由だそうですが…私は特に、そういった理由ではありませんが)

すぐにやめたので、特に離脱がキツいということはありませんでしたが、今現在依存している入眠剤を抜くということは、私には考えられない状態です…(故に、元々あまり願望もないのですが、出産については諦めています)

私も、また別に、休養した後に特に服用していたもので、
体が重く感じる原因なのでは?と思い当たる薬が、私も1つありまして、先日通院した際に変えてもらったところでした。
もはや、いろいろな薬を試して、かなり耐性がついている状態の私ですが、やはり変えてからは、怠さは減った気がします。

正直なところ、本日は3日ぶりに入浴してから出掛けました。やはり、出掛ける予定がないと、なかなか気力もないですし、体も動いてくれません。
とても、育ちが良さそうだなんて、いろんな方に言っていただくような生活ぶりではないのが現状です。こんな奴が、また銀座で働こうとしているだなんて、自分でも笑ってしまう話だと思いますが、転医先など決めて落ち着いたら考えるつもりです。それだけ大問題児のダメージが根深いのですが…。
61:魚類super:

2017/05/23 (Tue) 14:58:28

舞さん

聴取お疲れ様でした。
やはり5時間近くを要したのですね。
そして労基署側の精神科医による合議…
私は過去歴があるから合議なのかと思ったのですが、どうやら違うみたいですね。

また、先にリンクを貼り付けた400頁超の資料を見たところ、友人からの聞き取りについては
「発病時期がはっきりしない場合は実施する」という文言がありましたので、証拠があれば
大丈夫なのではないかと感じました。

これから待つ時間の方が長いですが、長時間の聴取で御疲れでしょうから、とにかく今は
ゆっくり休んでいただきたいと思います。
62:金太郎 :

2017/05/23 (Tue) 16:45:06

舞さんへ

聞き取り調査、お疲れさまでした。
無事に済んで良かったです。
パソコン入力を待ってる時間が長いですよね。
その時間が大半を占めているように思います。
ゆっくり休んでくださいね。

結果が出るまで時間がかかり精神的にしんどいとは思います。
良い結果が出るようお祈り申し上げます。


私も薬を飲んでいますが、飲むのを忘れたときとか体が痺れたようにしんどくなります。
薬を飲んで少ししたら体の痺れやしんどさは無くなります。
薬には全く詳しくないのですが、皆さんの話を聞いていると薬というのもなかなか難しいようですね。
63::

2017/05/24 (Wed) 12:29:02

魚類superさん、金太郎さん

ねぎらいのお言葉ありがとうございます。
職場のかなり近くということと、私自身、聞き取りも含めて、外出する用事がないと、なかなか外を歩きもしないこともありまして、わざわざ駅から20分ほど歩く経路(自宅からは乗換はなく電車1本になります)で行ったこともあり、さすがに疲れて、翌日は眠り込むかな?と思っていたのですが、
早く寝たためか、また早朝には起きていまして……(怠さはありましたが)

近々友人と会う約束はしていたのですが、ちょうどタイミングが合ったので、昨日は夕方から友人と会ってきました。聞き取りもストレスだとは思ってはいませんが、心身ともに疲れましたので、リフレッシュしてきました。お返事が遅くなり失礼しました。

次は、また病院と、自立支援の変更届もしなくてはならないのですが…さすがに今日は休息しておきます…ぐったりです。

自立支援の届も、取扱い施設が、正直、都会の徒歩と電車暮らしには、とても行きづらい場所にあるのですが…(電車で行くには、かなり遠回りで何度も乗換、徒歩だと遠い、でも、わざわざタクシーで行くほど贅沢できないし…という感じです)

やはり体を動かさないと駄目だなぁ、という思いもありますので、あまり暑くない日にでも、あえて徒歩で行ってこようかと思います。おそらく30分くらいかかると思いますが…直接行ったほうが、その場ですぐに変更も完了するそうですので。


労災のほうなのですが、主治医の事前の書面記載のご協力により、問題児に絡まれ出して少ししてからは「うつ病」と強調しており、そのあたりも、わりと始めのほうに、ずいぶん話をしました。

魚類superさんが貼っていただいた資料も、落とさせてはいただいていたのですが、長いのでまだほとんど目を通せていない状態でした。
労基の、直接の担当者ではない方の職員のかたが、ずいぶん厚い(5~6cmくらい?)ファイルをお持ちでしたので、もしかしたらそれかもしれないですね。

その前にも、わたしは高校生くらいから、不眠で通院歴がありますので(社労士の先生からも、「カルテはもう残っていないだろう」とのことでしたが)
そこまで遡って、かなり話も聞かれましたし、問題児に病まされたうつ病との差違については、医師の診断と、私自身の体感も含めまして、きちんとお話はしてきました。

医師の所見が入る。というのは、社労士の先生からうかがっていたのですが、どうなるんでしょうかね…?
魚類superさんのお話通り、ここが、とくに問題なく通れば、勝機は見えてくるかと思うのですが。

医師が介入するならば、むしろ、真剣に、問題児のほうを精神鑑定していただきたいくらいです。

あと、ひとつ皆さんにも聞いてみたかったのですが、悪名高いアム○ェイ…皆さんご存じありませんでしたか?

同調してくれていた派遣の方を含め、私が相談していた全員(4~5人)、知っていたのですが…労基の方は、お2人ともご存じありませんでした。メモはとっていましたが…あとでググって、あまりの悪評に驚いてくれるのか…わかりませんが。


また、後日提出する書類ですが、弁護士の先生がすぐに準備を始めてくれました。
メールのやりとりのみをまとめてくださるのかと思っていましたが、別問題にはなりますが、すでに会社間でやりとりしている内容についても、会社からの反論の反論(笑)まで、まとめてくださってました。

一度は修正をお願いしたのですが、私が途中で急きょ現実逃避に出かけてしまったため、確認が遅れています…これから確認し、今週中には労基に送れるよう、こちらも準備します。

弁護士の先生は、本当に頼りになる方だなぁと再確認しました。
64:K :

2017/05/24 (Wed) 16:20:07

ご無沙汰しておます。最近は痛みの等の辛さは無いのですが、何もしたくない状態です。

舞さんへ

労基の聞き取り、お疲れ様でした。
その後はご友人とお会いしたんですね。良かったですね。
まずは、ゆっくり休んで下さい。多分、ご自身が感じている以上に心身とも
疲れてると思います。
ア〇ウェイですが、、、昔、友人夫婦がしてました。今はしてませんけど、その時は仕方なく
洗剤を1本購入したのを覚えてます。今になって思うのはご主人の宗教絡みかなとも。


金太郎さんへ

書込み遅くなり、すみませんでした。
私の様な通りすがりの人間に、親身になって頂き涙が出ました。
ありがとうございました。心身辛く、孤独で、どうして良いか分からなくて。
金太郎さんの掲示板に飛び込みました。
母にも最近、休職の事を伝えました。片眼失明していて、外出が出来ない母が
心配して電話をくれます。主に世間話しですが、今生活出来るのも母の御蔭です。
今は本当に無気力で、怒りも笑いもありませんが、頭痛やめまいのモヤモヤと吐き気がなく
少し楽になりました。

金太郎さんのメルマガで拝見した労働契約で、5年位前からの給料明細を資料にしました。
今日弁護士さんから電話があり、これから法テラスへ申請書類を提出するそうです。
結果は2~3週間位掛るそうで、そして打ち合わした内容証明を会社へぶつけます。
まだ、弁護士さんへは聞いてませんが、弁護士さんの費用も内容証明に含んで良いですよね。
それと以前の調停は、瑕疵担保責任で住宅関係でした。やり直して頂きました。



魚類supreさんへ

先日は立ち入った事をお聞きした様で、大変失礼致しました。

私も今の職種が合っていて好きでした。正職は事務関係しかありません。
でも、事務系は給料が安いです。(笑)

今は何にもしたくないです。毎日ダラダラ過ごしてます。
先の事はまだ何も考えられません。自由でいたいと思うだけです。
地方なので車が無いと不便なので、中古車購入したいと思ってます。
ですが、これから退職となるとローンは組めません。
中古となると探すのも大変です。今、私が唯一考えてる事です。(笑)

現在、私は小悪魔(娘)と、愛犬と過ごしてます。日中、愛犬が要るので癒されてるかな。
犬は面倒見ないといけないので、それで今は生活出来ているのかもしれませんね。
65::

2017/05/24 (Wed) 21:48:30

Kさん

体調が芳しくないなか、わざわざありがとうございます。
私自身も、掃除や部屋の片付け等をしなくてはならないけど、なかなかできない……という状態ですので、とてもわかります。
娘さんがいらっしゃるのでしたら、心強いですね。余談ですが、わたしも1人ではペットを飼えないので、実家に犬がおりまして…帰省するのは、母と愛犬に会う意味もあります。

今日は、やはり少し昼寝をしてしまいましたが、先ほど、思い立って衣替えをしました。あとは、そろそろ出番もきそうなので、エアコンの掃除もしなくては…と思っているのですが…体を動かせるときに、1つずつやるしかないですね。
今日は、短い時間の作業ではありますが、衣替えと少しの掃除を出来た自分を褒めておこうと思います。

アム○ェイですが、やはりご存じでしたか……ご友人がやられていたのですね。失礼しました。
もちろん、アム○ェイをやっているから=全員が苛めをしたり、性格が変な人、というわけではないのですが……

「問題児さんは、舞さんにとってどんな人物像ですか?」と聞かれた際に、つい、根拠のない変な気の強さと自信満々な性格を物語るには手っ取り早いかと思い、「アム○ェイもやられてるそうですし…」と言ってしまいました。仕方なく、なんとなく、「お料理教室と称して人を集めて…」と、解説する羽目になってしまいました笑

友人に報告したところ、お役所の人は知らないのか…と、友人もショックを受けていました。

弁護士の先生が作成してくださった書類は確認しまして、あと数ヵ所修正してもらえばよいかな?というところです。

こちらの送付をしたら、労基の担当者から電話でもくるのでしょうかね?一昨日は聞きそびれてしまったのですが、そのときに、会社側の人間の聞き取りがいつ頃になりそうか等、聞いてみたいと思います。(特に連絡がなければ、こちらから折を見て電話を入れようと思います)

ただ、担当者には大変申し訳ないのですが、出来上がった陳述書のようなものが、けっこうな稚拙な文章でして…このまま上に持って行かれるとなると、正直少し不安が残りました。
付き添いで同席していた、もう1人の職員の方も、何度かアドバイスもしていまして(こちらの方が、分厚いファイルをお持ちでした)、私よりお若い方だったのと、
私は業務内でも文章を書くのが多いせいで、そう感じるところもあるのかもしれませんが…
大きく意味が異なって見えてしまう箇所については、直してはいただいたのですが、皆さんそんなものだったのでしょうか?
「お役所仕事」と呼んでしまえばそれまでなのですが…

ただ、弁護士の先生が、メールやLINE等のやりとりだけでなく、再反論文書まで付けてくれましたから、それで安心するしかないですね。

寒暖差も激しくなってきましたし、皆さま、ご自愛くださいね。
66:恵美子 :

2017/05/24 (Wed) 22:18:17

先日、この掲示板に書き込ませて頂いた者です。
金太郎さん、返事が遅くなり申し訳ありません。
舞さん、ありがとうございます。

あれからこのブログにあった弁護士紹介に相談しました。
他の方の書き込みで連絡がないようなことを書かれていましたが、私には連絡がありましたよ。
弁護士先生に相談したところ良い雰囲気でわかりやすく説明してくれましたので依頼することにしました。

院長だけは絶対に許せません。
明日は弁護士先生との打ち合わせがあります。
どこまで出来るかわかりませんが弁護士先生にお願いして出来るところまでやるつもりです。
一応、労災申請と裁判する方向で考えています。
怖かったのですがセクハラされたときの会話を録音しましたので証拠になるかと。。。
また報告させてもらいますね。
67::

2017/05/24 (Wed) 23:04:20

恵美子さん

ご無沙汰しておりました。
どうなったか気になってはいましたので、その間に、着々と代理人もお決めになられていたとのこと、安堵しました。本当に良かったです。戦いはこれからではありますが…わたしとほぼ同様の形になりそうですね。

書き込みしている通り、私の方は、つい先日、労災の聞き取りを終え、すでに弁護士の先生が会社へ対応はしてくださっています。
先生により戦い方も変わるかもしれませんが、私で答えられることでしたら何でも答えますので、疑問に思ったり不安なことがあれば遠慮なく。

かく言う私も、今後どうなるかわかりませんが…

私が病まされた大問題児は、急に意味のない難癖をぶちこんでくる宇宙人でしたので、録音もできなかったのですが…録音の証拠があるなら、心強いですね(もちろん、その証拠をとるために、また嫌な思いをしたと思いますが…)

労基の担当者の匙加減もあるのか? 私が金太郎さんのblogに辿り着くきっかけとなった某巨大掲示板では、「メールやLINEを読むのも、音源も聞くのも面倒だから、読まない、聞かない。すべて文章に起こして」と言われてしまった人もいたようだったので
証言者がほぼいないに等しい状態でしたので、受け取ってくださるとのことで安堵しています。

お互い、これからが永い戦いになりますが、励まし合って途中で諦めずにいきましょうね。
68:金太郎 :

2017/05/25 (Thu) 11:42:59

恵美子さんへ

お久しぶりです。
その後、どうなったのか気になっていました。書き込みありがとうございます。

大変な状況で録音されるなんてすごいことだと思います。
その苦労が報われるときが必ず来ると思います。

弁護士さんとの打ち合わせで今後のことが決まるかと思います。
良い方向に向かうよう陰ながら応援しています。



舞さんへ

某巨大掲示板にこのブログのことが載っているのですか!?
ビックリしました。

あと、私も過去にアムウェイの勧誘を受けたことがあります。
舞さんの書き込みの「お料理教室と称して人を集めて…」というのを見て色々と思い出しました。
そういえば、料理を食べさせてもらったのですが、後から勧誘がすごくて…。
その人は鍋とか洗剤が良い製品だとおっしゃってたような記憶が…。
その私を勧誘した人は景気の良い話をしていましたが、その後、離婚して自己破産してしまいました。
もう20年くらい前の話です。懐かしいなぁ。

69::

2017/05/25 (Thu) 17:48:11

金太郎さんも勧誘されたことがあったのですね。しかも最終的に自己破産とは…
私自身も20代前半頃に、とあるバイト先の先輩から「みんなでお料理したりして楽しいよ!来ない?」というお誘いのメールをもらったことはありました。

遥か昔のことで記憶が薄いのですが、私は母親から、子どもの頃より一通り料理は習っていたので、特に知らない人とわざわざ料理することに興味がないこともありつつ
何だか怪しいなぁ…と思って、調べたか、友人に話したかして、たぶんアム○ェイじゃないか…?という結論に至りまして、一番仲の良かった別の先輩(同じ大学でした)に、こっそり相談した覚えがあります。

私の人生の中では、それ以来の登場だったのですが、アム○ェイを始めてからそうなったのか、元からそうだったのか…
知る術はありませんが、労基の方も笑ってしまうくらい、おかしい人なんです。金太郎さんの元社長じゃないですが、誰が見ても明らかに白だということを、

「舞さん、ちょっといいですか」「はぁ」「白じゃなくて黒です!!」「いや、常識的に白ですけど」「いえ!!絶対にこれは黒です!!あなたが間違ってます!!」

と言い出したら止まらない、本当に気違いでした…
本日、少しアム○ェイについてググってしまいましたが、「みんな目付きが悪い」という書き込み等を偶々見つけまして…本当にその通りだなぁ…と思っていました。

また、某巨大掲示板の件ですが、ご存じなかったのですね。余計なことを言ってしまい、失礼しました。解析をつけていれば、わかるかと思うのですが、特に付けてらっしゃらなかったのでしょうか。

私も最初は、某掲示板の方で、傷病手当や労災について調べようとしていたのですが、労災については、なかなか有力な情報がなく…
労災申請に成功した方、数名の例として、いくつかのサイトやブログが貼られていて、その中で、私は金太郎さんのblogにお邪魔させていただくようになりました。
人によっては抵抗がある場所かもしれませんが、とても好意的に紹介されていたと思います。
70:魚類super:

2017/05/25 (Thu) 19:31:14

Kさん

こんばんは。

遅くなりましたが、全く気にしておりませんのでまた何かあれば絡んでください(笑)
私も車は好きです。まぁ、車は今の賃貸を借りるために売ったのですが…

私も妄想族ですよ。
裁判が終わってまとまった金が入ったら、若かりし頃の夢であるコペンを買おうかなとか(笑)
でも最近は、国と都から補助が出るからMIRAIでもいいなとか(´∀`)

そんな馬鹿げたことを考えて1日過ごしております。


金太郎さん 舞さん
私は普通にYAHOOで検索してたどり着きました。
巨大掲示板は利用しておりません。

同じような境遇で検索している人がそれだけ多いということの裏返しなのかもしれませんね。
71::

2017/05/26 (Fri) 06:17:39

おはようございます。
昨夜はあのあと、薬の飲み方が良くなかったのか、ものすごく胸が苦しくなってしまいまして…(たまにあります…)
気を失うように、すぐに寝入ってしまい、早朝から起きています…

昨日は、この先のことを考えてしまい、またかなり不安になってしまったので、そのせいもあるのかもしれません…
やはり、労災の支給・不支給に関わらず、どちらにせよ数ヵ月は無収入ということになってしまいますから、毎月の家賃を払って生活していけるのか…?と考えてしまいます。

やはり、来週いっぱいを目処に、転医先を決め、手続き諸々が済みましたら、夜のお仕事を考えるかもしれません。
その前に、お恥ずかしながら、やはり半年近く休養していると、どうしても少し太ってしまいまして…ダイエットもしなくてはならないのですが。
人間、生きているだけで、無駄遣いはしなくても、お金は減る一方ですからね。

魚類superさんは、検索でこちらに辿り着いたのですね。
某巨大掲示板でも、「こんなに証拠を用意したのに不支給だった」という方も多く(私はそれもあって、少しでも可能性を上げるために社労士を入れることにしました)、金太郎さんを含む、支給を勝ち取った方たちは、かなり羨望の眼差しで見られているとは思います。
特に書き込みまでなさっていない方でも、そちらから流れ着いた方も一定数いらっしゃるかもしれないですね。
72:魚類super:

2017/05/26 (Fri) 14:17:54

こんにちは。

先ほど連絡があり、労災不支給だそうです。

発病日と会社側による嫌がらせの因果関係が認められないと言う言い方でした。

弁護士に再審請求の手続きについて問い合わせました。

また報告しますね。
73:K :

2017/05/26 (Fri) 15:39:38

魚類superさん

こんにちは。 労災不支給だったのですね。

大変かと思いますが、次のアクションですね。

魚類superさんの思う方向へ、進んで下さい。

微力ですが、蔭ながら応援致しております。



舞さんへ

こんにちは。私も掲示板ではなく魚類superさんと同じ、yahoo検索でした。

私もこれからの生活費について悩んでます。正直悩んでもお金が入る訳ではなく

行動しかないんですよね。死活問題です。

どうなるか分かりませんが、私も早く調停を開始して金銭的な事はもちろんですが、

先を考え行動したいと思ってます。今は動きが取れません。節約のみです。




それと、また傷病手当の件ですみません。

会社に傷病手当申請は任意なので、個人で健保から書類をDLして対象期間も自身で決め、

添付書類を添えて送付してくれれば対応するとの事。それと、文書にて療養経過の提出です。

在職中でこんな症状のなか、薄情?塩対応だなぁと思ってます。

以前、同病で退職された方には手厚かったと思います。

私は出る杭だからですね。私は倍返しはしません。三倍返しですから!!(古)

以前、会社から「いろいろ調べてるね」と言われましたからね。今は失敗したなぁと思ってます。

傷病手当が任意ならば、まだ在籍中なので来月に有給申請しようと考えてます。


74:金太郎 :

2017/05/26 (Fri) 18:31:12

魚類superさんへ

労災不支給でしたか…。
気落ちするところもあるとは思いますが、審査請求するとのことですからまだ心は折れてないようで良かったです。

以前にも書かせてもらったことですが、私が労災認定された際に発症日が記載されていたのですが、私が思っていた日と違っていました。
労災の審査では発症前の6ヶ月を重要視するため、この発症日によって左右される部分もあるように思います。
様々な出来事を記載しても発症日の後と判断されたら…というのもありますし…。

ご存知かとは思いますが、共有の意味も込めて審査請求に関する情報を載せておきます。

◼︎労災保険審査請求制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000127192.html

◼︎労災保険審査会
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/shinsa/roudou/index.html

参考になれば幸いです。
陰ながら応援しています。




Kさんへ

塩対応な会社ですね。
なんか腹が立ちます。

私も元勤務先では出る杭でしたので他人事とは思えません。
傷病手当があるとないとでは生活も変わってきますから、従業員にとっては重大なことなのに不親切な会社ですね。
会社のために尽くしてくれている従業員を大事に出来ない会社はやはりダメですね。



舞さんへ

某巨大掲示板では良い感じで書かれてるようで良かったです。
悪い評判でも立てられていたら寂しいですから…。

魚類superさんもKさんもYahoo検索で当ブログに来られたとのこと。
舞さんは某巨大掲示板からですし、皆さん色んな経緯で当ブログに来て頂いてるのですね。

当ブログを開設した当時はほとんど来訪者はいませんでした。
カウンターも1日に3くらいと寂しいものでした。
途中でやめようかと思ったこともありましたが、必ず誰かの役に立つことが出来ると信じて続けてきました。

同じような苦しみを味わっている方々が少しでも減ることを願います。

あと、薬の飲み方で胸が苦しくなったりするのですね。
気を付けて下さいね。



75::

2017/05/26 (Fri) 18:48:13

魚類superさん

もう結果が出たのですね。思わしくない結果で、私も残念ですが…再審査をするなど、魚類superさんの思うように進まれますよう、私も陰ながら応援しております。
私も、既往歴など不安要素がかなりありますので、不支給の場合も視野に入れなければならないと思っています。
私自身については、社労士を入れなければ、正直ここまでできなかったと痛感しました。もちろん、ここでの皆さまからの応援も励みになりましたが。
私も発症日がいつになるのか等、気になっているところでした。

Kさん
レスありがとうございます。お互い、体もかなりキツいかと思うのですが、生活費、とても不安ですよね…かといって、会社との関係をこのままにしておくわけにもいきませんし。
私は、来月以降に体入荒らしになり、落ち着けそうな店が見つかれば、最低でも労災の結果が出るか、会社との交渉が落ち着くまでは、少し闇に紛れて短時間労働するしかないかもしれません。

明日はまた、贅沢はできませんが、3日ぶりに外出してきます。用事がないと、どうしても体の怠さに、今日も寝てばかりで何もできていません。

傷病手当の件ですが、どちらにせよ初回の振込までにも2~3ヶ月かかりますし、これは私個人の意見ですが、先に有給消化にするのも手かもしれませんね。
たしかに塩対応だとは思いますが…私と違い、永くお勤めでしたら、籍があるうちに申請しておけば、退職後は会社を通さずに1.5年はもらえますし、傷病手当については、体調のよいときにご準備されてはいかがでしょうか。
私と違って、その資格があること自体が、私から見たら羨ましいです。Kさんが真面目に働かれてきた結果ですが。

体が第一とは言っても、実際問題、お金も大事ですよね…
時々ATMでお金を下ろす度に、残高を見て不安になってしまいます。
最低でも、10数万程度は稼いでおけば、不安も少し消え、労災の結果まで、またあっという間に感じるかもしれません。保険料などについては、まだ計算には入れていませんが…
76::

2017/05/26 (Fri) 19:18:42

金太郎さん

レスが入れ違いだったようです。失礼しました。
魚類superさんの結果については、私も本当に残念です…

私も、社労士の先生の指示で、問題児と関わって病んできたあとの通院日や、体調に変化があった日などを記載して提出してありましたが(精神的な疲れからか、吐き気や発熱も何度もありました)
私は、体調が悪い中、先生から指示があるまま動いただけなので、詳しい労基の基準等については、そこまで調べていないのですが、この辺りは皆さん同じでしょうか…
ざっと、パンフレットには目は通している程度です。

やはり、発症前までが重視されるとのことで、その後にもいろいろ無くは無かったのですが、わたしは、とにかく、おもに、問題児の件に絞り、「同僚とのトラブル」として戦うことになる。とのことでした。
聴き取りでは、その後のことも少し話はしましたが、先方も、やはり重要視していないようでした。
私も、発症日など、どう取られるかはわかりませんね。
そもそも不眠症があったから、元々不安定になりやすいタイプで、個体要因があった。と言われたら、それで終わりですし。

金太郎さんの場合は、慣れてらっしゃる弁護士の先生が一括で引き受けてくださったとのことで、手元にも、専門家が項目毎にまとめてくださった資料があったとのことですし、こちらも強みだったのでは、と勝手に思っていますが…
(私は、あくまで、問題児との歴史を追って話したまでです)
会社との調停や訴訟とは別問題、とは言いますが、逆に、先に解決金をもらって和解していたことは関係はないのでしょうかね…?

私も、もしかしたら自分に不利になることまで話してしまったかなぁ、と思わなくもない点もあり、何とも言えません。
再審査も視野に入れておきます。

収入については、気晴らしと社会復帰を兼ねて、闇に繰り出すしかないかもしれないです。

また、体調の方、心配してくださりありがとうございます。薬を飲まないと不安定な状態なのですが…これでも、もし労災不支給となり、傷病手当の申請すら許されないという状況が続いたら、まさに私は「会社に殺された」ということになると思っています。

私に、顔の大半の要素をくれた父親とは、実は、子どもの頃から不仲なのですが…夜の仕事ができる程度に産んでもらえたことには感謝しなければなりませんね。
大袈裟ではなく、場合によっては、もっと手段を選んでいられず、風○落ちする等の選択肢が見えても可笑しくないわけですから。
諸々の手続きが終わり、少し痩せられたら考えます。

また近況についてはご報告させていただきます。
77:魚類super:

2017/05/26 (Fri) 21:16:46

皆様こんばんは。

率直に申し上げますと、不支給になる要素を探す=調査
なのだと思います。

これで業務外で勝手に病んだと判断されてしまったので、裁判にも影響しそうです。
裁判では因果関係は労基の判断に重きを置くと聞いております。
これなら労災は申請しない方がよかったと思いますが、いかんせん使えなかった前の弁護士のもとで
動いたことなので…

ただ、労災が出だ場合は損益相殺になると今の弁護士から聞いているので、損害賠償額の算定にも
影響が出ることから、とりあえずこれで良かったのかもしれません。


また、一番感じていることは、今は別の問題で世間をかなり賑わせておりますが、
経営者がいわゆる「官邸の最高レベル」と友達関係であることから、厚労省に圧力ないしは忖度が働いた結果
ということも少なからず感じるところです。
78::

2017/05/26 (Fri) 21:43:01

魚類superさん

はかばかしくない結果が出てしまってすぐに、こうして書き込みをしてくださりありがとうございます。

会社の上層部が、蜜月関係にあると…もし口添えがあったとしたら、そればかりはどうしようもないですね。

今の弁護士さんの元で行えば、また異なる結果になるかもしれませんね。希望は捨てずに、でも無理をせず着々と戦っていきましょうね。
私も後だしで、ぬかりがないよう、思い出したら送付するなり、こちらから再聴取のお願いをすることも考えています(こちらについては、それも可能だと、社労士からうかがっていました)

また、「ほかに要因があった」とされてしまったのは、失礼ながら、夫婦仲の問題があったせいなのでしょうか?
立ち入ったことを聞いてしまい申し訳ないのですが、その辺りが気になりました。

私個人については、ハッタリではなく、本当にプライベートでの悩みごとは一切ありませんでした。

ただ、たしかに、労基もあまり、いちいち認定を増やしてもいられないので…という話も聞きますね。
私なんて、期間で言ったら、それほど慰謝料も請求できないレベルなのもわかっていますし……

そういえば、会社の代理人と弁護士のやり取りの中で、
「労災申請するなら、業務起因性がないことを主張せよ」などという、トンデモな要求もありました。
業務起因だから申請しているのに、それを私が否定して申請したら無意味にも程がありますよね笑
本当におかしな会社です…

それと、私もいつも書きそびれてしまっていたのですが、
私の場合、万が一支給となった場合、会社側には1つも損失がなくなってしまうことになります。

この点も含めまして、あとは私の気持ち次第で選択してくだい、という感じでした。
結果が思わしくなさそうなら、早めに手を打ってくださるおつもりのようですね。
79:魚類super:

2017/05/26 (Fri) 22:52:15

舞さん こんばんは。

他に要因があった
ではなく、
「会社の嫌がらせが始まる前に勝手に体調が崩れた。それまでの隔離処置については必要な事象であった」

という判断です。
家庭内のことは一切影響を与えなかったようです。

正直、これは最初にかかったクリニックでのインテークが良くなかったのだと思います。
裁判でカルテ開示請求していたのでわかってはいたのですが、初診より前に軽い不眠が出ていたため、
その辺りが発症であると考えると記載されていました。

初診から1ヶ月以上前から発症と労基は認定したそうです。
実際動けなくなるような状態になったのは、初診の日の朝だったのですが。

先ほどいろいろ調べていましたら、通常はやはり初診日を発症日とすることが多いようです。
労基署が認定した日は旅行に出て思いっきり気分転換していたんですけどね(笑)
それは労基には言っていませんけど、再審請求の時におそらく付け加えることになろうかと思います。


自分の件が認定されて世に知れてしまうとそれこそ「官邸の最高レベル」も困る事情が所属している
会社にはあるので、直感的に何か違う力が作用したと思ったところです。


今後まずは個人情報開示請求というのを労働局に対して行うのですが、先ほど電話したところ、
なんと3月まで労基署の担当だった人でした(汗)
4月で異動と聞いていたので、また世話になるとは思いもよりませんでした(笑)
80::

2017/05/27 (Sat) 06:19:05

魚類superさん

お返事ありがとうございます。また早くに寝てしまい、ようやくお風呂に入ってきました。また3日ぶりです…相変わらず駄目ダメな生活ぶりです。

なるほど…そういうことになってしまったのですね。
金太郎さんも含め、皆さんけっこう発症日を変えられてしまうものなのですね。

私の社労士の先生も、発症日や既往歴などについては、細かく記載の指示がありましたし(初診となると、だいぶ前になるのですが、今回の「うつ病」で医院にかかった日を「初診」と考える。とのことでした)
とにかく私自身の口から直接訴えるように、と指導はありました。

私も、そんなに高尚な仕事をしていたわけではないのですが、主に担当していたクライアント先が、誰でも知っているような某大企業で、仕事内容については不満はなかっただけに残念です。
直属の上司は、仕事量も無理をさせずに調整してくださっていたので…この上司というのが、悪い人ではないのですが、そんなに強くもないので(元々は営業だったらしく、うつで休養していたとの噂です)、問題児の本性はわかりつつも、うまく指導できないことが、私と同じ席になった人が立て続けに辞めていった原因でもあるのですが…もちろん一番悪いのは問題児自身ですけどね。
問題児が近場にさえいなければ、続けていけそうでした。

私も、申請したのがちょうど3月半ば頃でしたので、最初に電話連絡をくださった男性の職員の方は、「年度末なので、自分の方では受付のみで、実際の担当は変わることになります」とのことでした。
私は、最初の担当者とは電話のみで顔も合わせていないのですが、面識のある担当官の方だというご縁も、良き方向へ向かう材料となるといいですね。

私は、担当者が女性に代わったわけですが、今思うと、女性がいいのか男性がいいのか…悩ましいところですね。
もちろん男性10人中10人に気に入られるほどの容姿ではないのですが笑、担当との相性もある気がします。
(そのあと上層部での審議となると、効果はないかもしれませんが…)

私の場合は、同席してくださったサブの男性の方のほうが、明確に「問題児がおかしすぎる」といった発言を何度かしてくださったもので…こちらの方が担当のほうが有利になるのかなぁ、なんて考えてしまいました。

余談ですが、私の場合は、逆に、もう私1人隔離でもいいから問題児と離してくれ!!と思ってしまっていました…

とにかく今は、魚類superさんに、まだ戦う力が残っていらっしゃるようで、何よりです。
私も既往症だーと言われたら終わりですから。

私も進展がありましたら、随時報告させていただきますね。
とりあえず、来週に、書類を後送することになります。
(通院と新病院探しも…まだまだ闇の仕事もできませんね笑)
81:魚類super:

2017/05/27 (Sat) 16:36:36

舞さん

こんにちは。

大変恐縮なのですが、
社会保険労務士をご紹介いただいてもよろしいでしょうか。
一度相談してみたいと思うのですが、検索してもなかなかどういった方が良いのか
見当つかなかったので…
82::

2017/05/27 (Sat) 21:52:46

魚類superさん

こんばんは。ぶじに今日も外出してきました。
こちらに載せているメアド宛てに、いつでもご連絡ください。

私も正直、社労士探しの方が苦労しました。
以前も書かせてはいただいているのですが(blogのコメント欄だったかもしれません)、問い合わせを何件かして、そのまた紹介…という形で、労働問題に詳しい先生を紹介していだきました。

私もまだ結果がでていないので、何とも言えないのですが、不眠症が持病のような私にとっては、ひとまず頼りになる先生だったと感じてはいます。
相談の段階で、「難しい」とはね除けられることも覚悟しておりましたので…。
「決めるのはあくまで労基の医師がいて、そちらになる」とは言われてはいますが、ご自身が認定していた経験もあることから、戦い方についてはご存じだとは思います。
都内ですが、関東圏内でお越しになれるのでしたら、問題ないかと思います。

やはり、私も最初にお会いしたときに、ネットで検索しても、なかなか個人側の先生がいない…とお話ししたところ、「どうしても会社側の社労士の方が多くなってしまう」とおっしゃっていました。

24時間いつでもかまいませんので、よろしければご一報くださいね。
83::

2017/05/29 (Mon) 17:32:23

金太郎さん

いつもお世話になっております。おかげさまで、先日、魚類superさんとは連絡がとれました。

私の方なのですが、そろそろ次のクリニックを探そうと、ネット予約ができるところでは、事情を記載して予約したところ、労災指定病院ではないということで、10割負担、また書類を書くのは難しい。と、一件目に断られてしまいました。
おそらくですが、ただの労災と、我々が申請している休業補償の区別も、あまりしていただけていないのかと思います。

もう一件問い合わせ中で、厚生省のHPに載っている、労災指定のなるべく近くの病院も探したのですが、ネットでの評判がさんざんなものでした(女性が行くと、院長にセ○ハラに遭うことが多い等…)

もう、ハラスメントの類は勘弁してほしいです。
とは言え、労災申請に理解がないと転院できません…必要な書類は、すでにほぼ提出済みで、転院届を書いてもらうだけなのですが…困りました。
今日か明日、今までの医院に行く予定でしたので、これから行ってきますが…もし、都内で有力な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お教えいただけると助かります。

最悪、やはり先生の伝で、少し遠くとも行かざるをえないかもしれません。
84:金太郎 :

2017/05/30 (Tue) 08:21:57

魚類superさんへ

社労士さんを探すというのはなかなか大変なようですね。
舞さんに紹介してもらうことが出来て良かったです。

魚類superさんは残念ながら不支給でしたが、諦めることなくチャレンジするのは素晴らしいことだと思います。

労災の不支給の場合、業務と傷病の因果関係が認められないということが多いようですが、不思議ですよね。
その会社に勤務していなかったら傷病は発症しなかった訳ですから因果関係はあると思うのですが…。
労基署としても申請すれば全てを労災として認定することが出来ないのもわかりますが…。

難しいところですが、逆に考えれば、業務との因果関係を証明することが出来れば認定されるということになりますから、その辺りに認定される鍵がありそうですね。
いつも気になっていますし応援しています。いつも書き込みありがとうございます。



舞さんへ

魚類superさんに社労士を紹介して頂き、ありがとうございます。
まあさんにも弁護士さんを紹介して頂きましたし、舞さんの他人を思う気持ちは素敵なことだと思います。
輪が広まっていくことは素晴らしいことですね。
この掲示板の管理人は開設したのもあり一応、私となっていますが、私なんかより舞さんの方が適任かもしれませんね。

さて、新たなクリニックを探すのが難航しているようですね。

私が通っている心療内科でも労災は初めての経験だったらしく事務の担当者も迷っていたようで労災申請した当初は10割負担で支払っていました。後から気が付いたのか3割負担に変更になりましたが…。
労災認定されたら、社会保険の方に返金するので10割負担にしなくても良いんですけどね。

それにしても書類を書いてくれなかったら話にならないですよね。
また、院長にセクハラされる労災指定病院も困ったもんですね。
この掲示板に書き込んでくれた恵美子さんの勤務している病院だったりして…。(そんなことないか…、すいません。)

都内であればかなりたくさんのクリニック、医院、病院があるはずだから何とかなりそうですね。
諦めずに探せばあるはずですよ。応援しています。

この掲示板を見ていらっしゃる都内の方で良い心療内科、精神科をご存知の方がいましたらぜひご報告をお願いします。
85::

2017/05/30 (Tue) 14:41:23

金太郎さん

とんでもないです。わたしも元々は地方出身ですし、たまたま今は都内にいるおかげで、皆さんに紹介できているだけです。皆さまのお力になれれば何よりです。
魚類superさんのおかげで、私もひさびさに事務所のHPを見に行ったのですが、過去の経験から、先生は「労災の支給・不支給の例」を解説した著書も出されていました。

金太郎さんが最後まで諦めずに会社と戦われて、労災申請も通していなかったら、こんな場はなかったと思っています。改めて感謝申し上げます。

さて、ここからはご報告なのですが、昨日、本当に最後の通院をしまして、ひとまず、今後弁護士の先生が話を通してくださった場合に備え、5月分までの傷病手当の書類には記載してもらってきました。

また、問い合わせ中の医院からは、とくに折り返しがなく(そもそもそういうシステムなのかもしれませんが…)、
先生のお知り合いの医院にも、本日電話で問い合わせ中です。のちほど折り返しご連絡いただけるそうなのですが…お返事を聞くまでドキドキです。
近いと言えば近いのですが、電車ですと乗換2回、さらに、普段まったく行かない土地なので抵抗がありましたが…

昨日、今の先生にも、一件断られてしまった旨を伝えましたが、とにかく明日にでもすぐ問い合わせをしてみて。正確には明日まで開いているので、困ったら相談して。というニュアンスでした。

念のため、今後、労災や弁護士を入れている関係で、先生に連絡が必要になった場合には、8月頃までは片付け等で医院に出入りはしているそうなので、ポストに手紙か何かを入れておいてくれれば見ます、とのことでした(お歳がお歳なので、そのあたりは仕方ないと思います)
そのあと、医院が取り壊しになるようです。

また、以前こちらでご助言いただいていた、カルテのコピーについてもうかがってみたのですが、今の段階では勝手に渡すことはできないそうです。
裁判所等、法的に執行力のあるところからの依頼でない限り、出せないとのことです。ですので、将来的にもし訴訟となった場合に、そうなるのかなぁ…といったところです。
私の場合、元々の不眠も絡んできますし、逆にそのあたりをつっこまれ兼ねないので、まぁいいか。という感じです。
対会社については、まだあまり進展がないため、その結果次第といったところでしょうか。

認定は、早くて9月の予定ですので、8月まで連絡がとれれば、さほど問題はないかなぁ、と考えています。


病院側も、とくにメンタルクリニックだと、仕事で精神を病む人も多いのに、意外と労災については詳しくない所が多そうですね…私たちの方が詳しいくらいですよね。

……と打っていたところに、連絡がきました。
やはり、大きな労災指定の大きな病院だと0割で受けられるけど、3割負担か自立支援で良ければ、という回答でした。
大きな病院だと、正直、待ち時間も長そうで抵抗がありましたので、やはりこちらにお世話になってくると思います。やはり今の先生のお知り合いということで、話が通じやすいのでしょうかね。
大変お騒がせしました。
看護師へもそうですが、患者にまでセクハラを行っているなど、前代未聞ですよね…少し古いお話でしたが、まだ先生が変わられることなく続いているのでしょうかね…
こちらは、比較的通いやすいことと、弁護士の先生の近くで探そうかと思ってのことだったのですが。

また、その前に自立支援の変更届についても、体調の良いときと、天気もほどほどの日に、散歩を兼ねて行ってきたいと思います。
86:K :

2017/05/30 (Tue) 15:55:16

金太郎さんへ

こんにちは。
傷病手当申請は自分で対応します。急いでクリニックへ用紙を持って行きましたが、受付の方に
10日程掛ると言われました。ガックリです。会社へは事業者記入用紙を返信封筒を入れて郵送
しました。会社を通したら健保へ直ぐに提出するか信用出来ない事と、今後の勉強です。

それと毎年会社から慰労金があるのですが、私はスルーでした。
これらは全て社長の意向です。
「会社に殺される」金太郎さんの言葉が思い出されました。
ですが、私は会社に殺されるくらいなら、自ら死にます。

先週末、苛立ちの中、弁護士さんに調停の件でお電話しましたら不在で、昨日連絡頂きました。
この2日間、舞さんや魚類superさんの労災、社労士の書込みを見ていて、
舞さんは何で弁護士さんと社労士さんにご依頼されたのかなぁ(舞さん、私の無知ですみません)
まずは社労士の基本業務や、近隣の社労士を調べましたがギブアップです。
段々と気持ちがモヤモヤしてきて、めまいでダウンです。
弁護士さんへ、話しをする事にしました。

「私は会社起因で発病し、尚且つ症状が増悪し休職に至り、働きたくても働けなくなった。」
弁護士さんから、そうですとお答え頂きました。
安全配慮義務違反は会社に罰則はない、過重労働は長時間労働が重点項目で私には無い。
ですが、労災申請が出来る事はありませんかとお聞きしました。(感情的でした)
弁護士さんは、調べて連絡しますと電話を切られましたが、30分後位にご連絡を頂き
厚生省の精神障害の労災認定をDLして、労基に行って下さい、調停は一旦見合わせます。
労基に行ったら、最初に対応した方が担当になり、今後は書類をまとめましょうとおっしゃいました。

金太郎さん、私、労災申請します。
私は労災認定も大切ですが、何よりも会社がダメージを受けない事は許したくない。

労基は労働保険申請で行った事は何度もありますが、、、
取り敢えずは、労災申請書類を頂いてくれば良ですね。
何か持って行く物はありますか。(免許証、保険証、印鑑)
すみません、何か遠足前の子供です。


追伸:諸事情が変わりましたの、私のスレッド削除で構いません。


87::

2017/05/30 (Tue) 16:49:50

まずは、傷病手当のほうですが、モヤモヤしながらも前に進まれてるとのことで、私個人的にはとても良かったと感じました。
私も、同じように、「会社はちゃんと郵送してくれるのか?」等、疑心暗鬼になりました。結果として、初回の振込までは、ネットでの情報通り、3ヶ月近くはかかってしまいましたが、私の場合は、その間に、以前に加入していた国保や別の社会保険の番号や、「労災が認められた場合に返金します」といった同意書を提出。と、けんぽの方から直接お電話をいただいていたこともあり、会社のことは信用していませんが、ひとまず確実に送ってはくれているんだなーと、納得はしました。

あと、取り急ぎ、社労士に依頼した件ですが、簡単な経緯を解説しますね。あくまで私のケースですが。
(以前の書き込みと被る部分もあるかもしれません)

私もネットで調べていたところ、やはり、社労士・弁護士それぞれに得意分野があるとのことで、私は先に、労災のことを考えていたもので、社労士は比較的安価なこともあり、労災申請には向いているそうなので、漠然と、私でも社労士になら頼めるかなぁ、と考えていました。

主治医からも、申請自体には協力的ではあったものの、やはり「メンタルの労災は難しいから、よほど上手くやらないと…専門家を入れた方がいいよ。社会的に問題になったから、昔と比べたら認められやすくはなってきてるけどね。弁護士じゃ高いし…社労士がいいんじゃない?」とは言われていました。

いくつか調べたところ、なかなか個人向けの先生はいらっしゃらなかったのですが、相場が1.5万~くらいのようでした。

結局、休養期限間際になり、「労災は認めない」等、会社の対応が一変したため、先に対策として、知り合い伝てで弁護士に依頼をしてしまいまして、労災の件についても相談をしたのですが、「正直、労災は専門外だけど、それでも良ければ一括でやります」とご提案していただきました。

対会社への対応については、現在も個人的にはそれなりに納得いくもので信頼しているのですが、私は元々、長年の不眠症があり、労災について調べていた段階で、これがかなり不利な材料なのではないかと懸念していました。

また、弁護士の先生からは、ご親切に、私が小娘であることや、親にも話していないことなどを確認されて、法テラスを通すこともご提案していただいたのですが、労災については適用されるのかわからない…あとで調べて連絡しますね。と、初回の相談は終わったのですが、やはり労災については、法テラスの対象外とのことでした。

そのようなこともあり、少しでも可能性を上げたく、対会社には弁護士にお願いし、労災については、やはり別途社労士を入れようと決めました。

社労士は、どうしても会社寄りの売り方をしている方が多いようで、これがまた難航しましたが…もちろん社労士もお仕事ですから、言い方は悪いですが、「レギュラーのお仕事」として、会社の顧問になることも仕方ないとは思っています。

私の場合は、比較的珍しく個人寄りの先生をネットで見つけまして、まずは問い合わせてみたところ、やはり専門が異なるとのことで、今の先生をご紹介していただきました。

今の先生は、着手金2万ですが、実際に認定されていたとのことですから、万が一結果が思わしくないものだとしても、決して高くはないと思っています。

打合せをしている段階で、やはり経験のある先生にお願いして良かった。と感じることは多々ありました。

以上のような流れです。もしも、ほかに不明な点がありましたら、ここで答えられる範囲のことでしたらお答えしますので遠慮なくお訊ねくださいね。

もしも該当する弁護士が近くで見つかるようでしたら、金太郎さんのように、どちらにも長けている弁護士にお願いするのがベストではないかとは思います。

また、私も書きそびれていたのですが、先日、労基へ聴き取りに行った際に、
「労災はあちらの通常の労基には相談しましたか?」と聞かれました。

リミットが迫っていて、すぐに弁護士を入れて2~3日で先手を打っていただいたもので、そちらについては、私も頭にありませんでした。

労基に相談に行く、ということ自体は頭になくはなかったのですが、体調も思わしくなく、その過程をすべてすっ飛ばして、弁護士に依頼してしまいました。
これについては、過ぎてしまったことなので気にしていませんが…言われたときに、あぁ。その手もあったなぁ。と思った程度です。
88:魚類super:

2017/05/30 (Tue) 19:14:03

こんばんは。

私は弁護士に依頼する前に労基署の総合労働相談コーナー?という所に行って話したところ
労働局へ回され、そこで労働局長の助言指導という制度を使いました。
労働局からの報告では、「裁判に持ち込まれたら負けてしまうから、ハラスメント行為はやめたらどうですか」
と言ったものの、拒否されたと言っていました。

労基署に行って相談したから労災認定されるわけでもないですし、それよりも労災申請するにあたり、
やはり舞さんのおっしゃる通りで、長けている人を付けた方が良いと思ったところです。


私はとりあえず本日、労災不認定に関する書類の開示請求の書類一式を郵送しました。
私の場合はのり弁で出されてほとんど意味がない状態で開示されるのではないかと感じております。
審査請求は舞さんからご紹介いただいた社労士事務所の相談をしてみて、代理人を立てるか立てないか
検討しようと思います。


蛇足ですが、先程弁護士から連絡があり、裁判第1回の日取りが決まったものの、本来裁判所の
労働部が担当すべきなのに、民事部の扱いになってしまったということで、若干困ったような感じでした。
やはり見えない何かがあるのかと変に勘ぐってしまいます。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.